教員たちも思考停止に…「道徳」で混乱する教育現場

教育

2018/04/16 07:00

 4月から小学校で道徳が教科化された。これまで「教科外の活動」として成績評価の対象外だったが、2015年に文部科学省は学校教育法の施行規則を改正し、道徳を「特別の教科」に格上げした。だが、道徳教育で「子どもの個性や多様な意見を潰しかねない」と現場は混乱している。

あわせて読みたい

  • 「洗脳につながりかねない」現役教員が危惧する道徳の教科化

    「洗脳につながりかねない」現役教員が危惧する道徳の教科化

    週刊朝日

    4/16

    道徳の「教科化」初の通知表に現場は困惑 「いずれ点数化」の危惧も

    道徳の「教科化」初の通知表に現場は困惑 「いずれ点数化」の危惧も

    AERA

    7/26

  • 「パン屋」では郷土愛が足りない? 道徳の教科化が生み出す弊害

    「パン屋」では郷土愛が足りない? 道徳の教科化が生み出す弊害

    AERA

    6/10

    田原総一朗「『教科格上げ』で失われるプロセス重視の道徳教育」
    筆者の顔写真

    田原総一朗

    田原総一朗「『教科格上げ』で失われるプロセス重視の道徳教育」

    週刊朝日

    11/4

  • 安倍流教育改革は前のめり? 5年後に大学入試が激変する可能性

    安倍流教育改革は前のめり? 5年後に大学入試が激変する可能性

    週刊朝日

    4/18

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す