田原総一朗「北朝鮮問題で蚊帳の外の安倍政権。さらにトランプ・リスクも」 (2/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

田原総一朗「北朝鮮問題で蚊帳の外の安倍政権。さらにトランプ・リスクも」

連載「ギロン堂」

このエントリーをはてなブックマークに追加
田原総一朗(たはら・そういちろう)/1934年生まれ。ジャーナリスト。東京12チャンネルを経て77年にフリーに。司会を務める「朝まで生テレビ!」は放送30年を超えた。『トランプ大統領で「戦後」は終わる』(角川新書)など著書多数

田原総一朗(たはら・そういちろう)/1934年生まれ。ジャーナリスト。東京12チャンネルを経て77年にフリーに。司会を務める「朝まで生テレビ!」は放送30年を超えた。『トランプ大統領で「戦後」は終わる』(角川新書)など著書多数

日本はどうすべきなのか(※写真はイメージ)

日本はどうすべきなのか(※写真はイメージ)

 トランプ氏の頭は、秋の中間選挙で占められている。米朝首脳会談はブッシュやオバマもダメだった。俺は武力行使をやると宣言し、北朝鮮に徹底的に圧力をかけ続けた。だから金正恩は屈服して首脳会談を申し出て、核兵器を廃棄するとまで言いだしたのだ。俺は勝ったのだ。トランプ氏は内外でそう強調している。

 さらに、経済的マイナスをできるかぎり削減したいと考え、中国に対して6兆円に及ぶ制裁関税を課すことにしたのである。そして世界各国からのアルミニウムや鉄鋼製品に多額の関税を課すと発表した。

 これに対して、当初日本政府は楽観視していた。日本は何事につけてもアメリカに協調的で、また安倍首相とトランプ氏は親密な関係なので、日本は除外してくれるだろう、と捉えていたのだ。

 ところが、トランプ氏は、“安倍首相らは、こんなに長い間、米国をうまくだませたなんて信じられない”とほくそ笑んでいる、そんな日々はもう終わりだ、と言い放って、いわば日本を見捨てたのである。

 これは日本政府の幹部たちにとって、大衝撃であった。日本はどうすべきなのか。何ができるのか。

 4月17、18日に、安倍首相は米・フロリダ州でトランプ氏と会談することになっている。安倍首相は何を主張し、どんな譲歩を引き出せるのか。トランプ氏に強硬論で押し切られたら、3選の可能性は消えることになる。

週刊朝日 2018年4月20日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

田原総一朗

田原総一朗(たはら・そういちろう)/1934年、滋賀県生まれ。60年、早稲田大学卒業後、岩波映画製作所に入社。64年、東京12チャンネル(現テレビ東京)に開局とともに入社。77年にフリーに。テレビ朝日系『朝まで生テレビ!』『サンデープロジェクト』でテレビジャーナリズムの新しい地平を拓く。98年、戦後の放送ジャーナリスト1人を選ぶ城戸又一賞を受賞。早稲田大学特命教授を歴任する(2017年3月まで)。 現在、「大隈塾」塾頭を務める。『朝まで生テレビ!』(テレビ朝日系)、『激論!クロスファイア』(BS朝日)の司会をはじめ、テレビ・ラジオの出演多数

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい