ラジオ「ヤンタン」が話題に 再始動アリスはたかじん超え!? (2/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

ラジオ「ヤンタン」が話題に 再始動アリスはたかじん超え!?

このエントリーをはてなブックマークに追加
太田サトル週刊朝日
「ヤンタン」1回目の収録の様子。3人の息の合ったトークに期待が高まる

「ヤンタン」1回目の収録の様子。3人の息の合ったトークに期待が高まる

 初レギュラー番組といえども、3人のトーク力は歴代のパーソナリティーに勝るとも劣らず、のようだ。音楽評論家の原田和典さんが言う。

「アリスの皆さんはもちろん、さだまさしさん、ばんばひろふみさんなど、この世代のフォークミュージシャンの方は、非常にしゃべりがうまい。インタビューする機会があったときにも、『自分もこんなふうに話すことができたらなぁ』と思いました」

 フォークミュージシャンとラジオ番組の親和性について、原田さんは分析。

「どちらかというと大勢に聞かせるロックバンドに比べて、フォークミュージシャンは、たとえ大きな会場であってもファン一人ひとりに語り掛け、ダイレクトなやり取りをするようなところもある。そういう意味でもリスナーと1対1で向き合うことの多いラジオはぴったりなんだと思います」

 今の時代にラジオ番組を選んだのは意味があるようだ。

「3人の息の合ったやり取り、丁々発止が、しかも『ヤンタン』という関西発の人気番組で聞けるということで、来年の新曲やツアーがますます楽しみになりそうです」(原田さん)

 アリス70歳での再始動に、ますます期待が高まる。(本誌・太田サトル)

週刊朝日  2018年4月13日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい