「あそこのデカイ男を紹介して…」吉田潮の夫との衝撃的な出会い (1/3) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

「あそこのデカイ男を紹介して…」吉田潮の夫との衝撃的な出会い

このエントリーをはてなブックマークに追加

吉田潮(よしだ・うしお)(右)/1972年、千葉県生まれ。法政大学卒業後、編集プロダクション勤務を経て2001年からフリーライター・イラストレーターに。テレビ評論家としても知られ、10年から「週刊新潮」で「TVふうーん録」を連載中。『幸せな離婚』(生活文化出版)など、著作多数。昨年8月、自身の妊活から産まない人生の選択に至った道のりを描いた『産まないことは「逃げ」ですか?』(KKベストセラーズ)を上梓。久保田光治(くぼた・みつはる)(左)/1965年、静岡県生まれ。清水市立商業高校卒業後、上京。築地市場の仲卸で修業。その後俳優を目指し、森田芳光監督の「悲しい色やねん」で映画デビュー。演劇集団円の研究生、芸能プロダクション所属などを経てフリーに。Vシネマのほか舞台にも出演。2010年、役者業に区切りをつけて実家に戻る。久保田商店は100年以上続く老舗で、光治さんは4代目。ネット通販を始めるなど事業立て直しに奮闘中。(撮影/横関一浩)

吉田潮(よしだ・うしお)(右)/1972年、千葉県生まれ。法政大学卒業後、編集プロダクション勤務を経て2001年からフリーライター・イラストレーターに。テレビ評論家としても知られ、10年から「週刊新潮」で「TVふうーん録」を連載中。『幸せな離婚』(生活文化出版)など、著作多数。昨年8月、自身の妊活から産まない人生の選択に至った道のりを描いた『産まないことは「逃げ」ですか?』(KKベストセラーズ)を上梓。
久保田光治(くぼた・みつはる)(左)/1965年、静岡県生まれ。清水市立商業高校卒業後、上京。築地市場の仲卸で修業。その後俳優を目指し、森田芳光監督の「悲しい色やねん」で映画デビュー。演劇集団円の研究生、芸能プロダクション所属などを経てフリーに。Vシネマのほか舞台にも出演。2010年、役者業に区切りをつけて実家に戻る。久保田商店は100年以上続く老舗で、光治さんは4代目。ネット通販を始めるなど事業立て直しに奮闘中。(撮影/横関一浩)

 夫の久保田商店社長・久保田光治さんは静岡県、妻のコラムニスト、イラストレーター吉田潮さんは、東京暮らしの遠距離別居婚。妻は「実は私、昔は下半身がユルユルだった時期がありまして……」と赤裸々を通り越して、あっけらかんと語り、夫は「慣れてます」と笑う。結婚8年目。聞けば聞くほどフツーじゃない、むき出しのハートで向き合うソウルメイトな夫婦道をたどった。

*  *  *
妻:出会いは2005年。知人の紹介でした。

夫:そのころの僕は売れない役者。新宿に先輩の俳優がやってるバーがあって。

妻:私がそこの常連だった。だけど、紹介されるまで会ったことはなかったよね。

夫:僕もお客さんでもあり、昔働いてもいたんです。でも彼女が来るようになったときには、別のアルバイトが忙しくてほとんど顔を出していなかった。

妻:私、そこのオーナーに「○○○のデカイ男、紹介してください」ってお願いしたんですよ。そしたら3人紹介されて。

夫:あははは。

妻:ほんとに見たの?って思ったけど(笑)。ひとりは交際相手としては考えにくい人で。2番目の人は、先様が私に1ミリも興味を持ってくれなかった。

夫:俺が3人目だったと。

妻:店に彼が入ってきた瞬間、ビビビ!ですよ。

夫:こっちはただ、先輩から電話で呼び出されただけだったから、訳がわからず。紹介されて一緒に飲み始めたんだけど、やけにニコニコとご機嫌な人だなあと。それが第一印象。

妻:私はもう「この人だ!」「好きー!」って。

夫:こちらは何とも思ってない上に、先輩の店のお客さんだから、雑に扱うわけにもいかないと思って。

妻:お? 忖度か?

夫:今の言葉で言えばね。

妻:でもその日に、うちに来たんだよね。

夫:みんなと一緒にね。

――盛り上がった勢いで、夫を含めた男女4、5人で妻の家へ。ところがそこで、夫の先輩と知人男性がケンカを始めてしまった。

夫:曙橋(東京・新宿)のアパートだったね。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい