栄西は好きだった? 「長生きのための妙術」と言われた飲み物は… (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

栄西は好きだった? 「長生きのための妙術」と言われた飲み物は…

連載「貝原益軒 養生訓」

このエントリーをはてなブックマークに追加
帯津良一(おびつ・りょういち)/1936年生まれ。東京大学医学部卒。帯津三敬病院名誉院長。西洋医学だけでなく、さまざまな療法でがんに立ち向かい、人間をまるごととらえるホリスティック医学を提唱。「死を生きる」(朝日新聞出版)など多数の著書がある

帯津良一(おびつ・りょういち)/1936年生まれ。東京大学医学部卒。帯津三敬病院名誉院長。西洋医学だけでなく、さまざまな療法でがんに立ち向かい、人間をまるごととらえるホリスティック医学を提唱。「死を生きる」(朝日新聞出版)など多数の著書がある

お茶の効用について(※写真はイメージ)

お茶の効用について(※写真はイメージ)

 西洋医学だけでなく、さまざまな療法でがんに立ち向かい、人間をまるごととらえるホリスティック医学を提唱する帯津良一(おびつ・りょういち)氏。貝原益軒の『養生訓』を元に自身の“養生訓”を明かす。

*  *  *
【貝原益軒 養生訓】(巻第四の54)
茶、上代はなし。中世もろこしよりわたる。
其後、玩賞(がんしょう)して日用かくべからざる物とす。
性冷にして気を下し、眠をさます。

 養生訓では、それほど分量はないのですが、お茶についても語っています。まずは日本への伝来について、「お茶は上代にはなかったが、中世に中国からわたってきた。その後、人から愛され、日常に欠かせないものになった」(巻第四の54)と説明しています。

 一般にお茶は最澄(767~822年)や空海(774~835年)など留学僧が唐から種子を持ち帰ったとされていますから、「中世に中国からわたってきた」というのは、おかしなように感じます。しかし、日本史の中世を鎌倉幕府成立(12世紀末)から室町幕府の滅亡(1573年)までと言い出したのは明治以降ですから、益軒のいう中世はもっと広い範囲なのかもしれません。

 養生訓ではお茶の効用について、どちらかというと否定的です。

「お茶は性が冷であって気を下し、眠りをさます」(同)と説いたうえで、「陳蔵器(ちんぞうき・唐代の医者で『本草拾遺』をまとめた)は、長く飲むとやせてあぶらをもらすといった。母(ぼ)ケイ、蘇東坡(そとうば・北宋の詩人)、李時珍(りじちん・明代に『本草綱目』を著して、本草〈薬用植物〉学を集大成した)などもお茶の性はよくないといっている。ところが、今の世では朝から晩まで毎日お茶を飲む人が多い。飲むことが習慣になると、体をこわさないものなのだろうか」(同)といった具合に疑問を語っています。

 さらに「気を冷やすものであるから一時にたくさん飲んではいけない」(同)とか「弱い人、病人は今年できた新茶を飲んではいけない。眼病、上気、下血、下痢などの病を起こす心配がある」(同)という注意もしています。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい