下着姿を初披露した板野友美に「脱がなくていい…」と男性ファンが複雑な心境 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

下着姿を初披露した板野友美に「脱がなくていい…」と男性ファンが複雑な心境

このエントリーをはてなブックマークに追加
秦正理週刊朝日
写真集の出版イベントに登場した板野友美(撮影/秦正理)

写真集の出版イベントに登場した板野友美(撮影/秦正理)

写真集を手にほほえむ板野友美(撮影/秦正理)

写真集を手にほほえむ板野友美(撮影/秦正理)

板野のお気入りの1枚。板野友美写真集「Wanderer」ND CHOW(撮影)講談社より

板野のお気入りの1枚。板野友美写真集「Wanderer」ND CHOW(撮影)講談社より

 2月24日、都内で元AKB48のアーティスト板野友美(26)が、同月19日に発売した写真集『Wanderer』(講談社)の出版記念イベントに登場した。

【写真】板野友美、お気入りの1枚はこちら

 板野は今作について「コンセプトは自分らしさ」と、自然体での撮影を強調した。写真集は全160ページで、ロサンゼルスに1週間滞在しての撮影だった。

 写真集では、ファン垂涎の下着姿も初披露。自身の“色気”について報道陣から質問されると、

「いやあ、変わらないですね(笑)。26歳になったので、大人になった私も見てもらえたらいいな」

 と白い歯をのぞかせ、さらに、

「彼になった気持ちで一緒に泊まったとしたら、みたいな形で見てもらえたら」

 と照れ笑いを見せながら答えた。

 肌の露出は増えているが、メディアでの露出はかつてに比べれば減っている印象は否めない。セクシー路線を進んでいるが、アイドルとして隆盛を誇ったAKB時代の人気は今も続いているのだろうか……。その心配は取り越し苦労だった。

 正午過ぎから開催された写真集の「お渡し握手会」では、ファンが長蛇の列をなした。その長さ100メートルほど。年齢層はさまざまで、30~40代の男性を中心に、シニアの男性や小学生の親子連れのほか、女子高生らも並んでいた。

 板野との対面を終えた埼玉県在住の40代の男性は、誇らしげに写真集の分厚い束を見せてくれた。

「デビュー当時から応援しています。写真集は5冊買いました。ツーショット写真も撮れたし、何より笑顔を見ることができたので満足です」

 肌の露出について聞くと、

「脱がなくてもいいとは思うんですけど……。でも色っぽいですし、板野さんを応援する気持ちに変わりはないです」

 と複雑な表情に変わった。

 ロサンゼルスでの1週間は「自分探しの旅だった」と振り返り、今後はドラマにヒロインとして出演したいと語った板野。これから歌手として初めてのバンドツアーも控えている。自分探しの旅は続く。(秦正理)

週刊朝日 オンライン限定記事


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい