スノーボード銀の平野が凱旋「素顔は無口な寿司大好き少年」 (1/3) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

スノーボード銀の平野が凱旋「素顔は無口な寿司大好き少年」

このエントリーをはてなブックマークに追加
秦正理週刊朝日#平昌五輪

男子ハーフパイプで金メダルのショーン・ホワイト(右)と並ぶ銀メダルの平野歩夢 (c)朝日新聞社

男子ハーフパイプで金メダルのショーン・ホワイト(右)と並ぶ銀メダルの平野歩夢 (c)朝日新聞社

 平昌五輪スノーボード男子ハーフパイプで銀メダルを獲得し、16日に凱旋帰国した平野歩夢(19=木下グループ)。

 22年に開催される北京五輪について平野は「まだまだ若いですし、可能性だったりチャンスは目の前にある気がする。どんどん、チャレンジしながらリベンジしたい」と最後に逆転負けを期した絶対王者・ショーン・ホワイト(31=米国)との再戦に意欲を燃やした。

 大胆不敵に大技に挑み続ける姿勢は、幼いころから変わらないという。平野と長年の親交がある、スノーボード専門誌「BACKSIDE」編集長の野上大介氏はこう言う。

「歩夢が12、3歳の時に、アメリカでの国際大会で滑りを披露する機会があったんです。観客は歩夢のことなど誰も知らないアウェー。そんな中でまったく尻込みすることなく、大胆な演技を見せ、観客の心を鷲掴みにしました」

 野上氏は中学生になったばかりの平野と対面した時の印象も忘れられない。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

   平昌五輪 をもっと見る
このエントリーをはてなブックマークに追加