「額賀派の乱」の真のターゲットは線香問題で炎上中の茂木経済再生相

2018/02/06 10:28

「このまま行ったら茂木君が会長になりかねない。青木さんはそれを阻止するために動いた。われわれのような古い人間には、よそから来た人(茂木氏は日本新党から無所属を経て、95年に自民党入党)に対しては警戒感がある。やっぱり面白くないんだ」

 茂木氏はパワハラ体質のため、若手議員たちからの評判もすこぶる悪い。そのうえ、叩けばスキャンダルの埃が出る。凡庸な額賀氏の後継につけ入る隙を封じたという見方をするのだ。

 本命の会長候補には竹下亘党総務会長の名が挙がるが……。

「青木さんの意中の人というわけではない。そんなに竹下家にこだわっているわけではない。だが、他におらんじゃろう」(大物OB)

 乱の成り行きが注目される。(本誌・亀井洋志)

※週刊朝日オンライン限定記事

1 2

あわせて読みたい

  • 二階派は弱体化も再び勢力拡大か 自民圧勝も岸田派に不安材料あり

    二階派は弱体化も再び勢力拡大か 自民圧勝も岸田派に不安材料あり

    週刊朝日

    11/10

    総裁派閥の没落、新麻生派「志公会」が発足、加計や女性宮家めぐって官邸と火種も

    総裁派閥の没落、新麻生派「志公会」が発足、加計や女性宮家めぐって官邸と火種も

    週刊朝日

    7/3

  • 自民党の新幹事長・茂木敏充氏の“超忖度トリセツ” 枕、タバコ、室温まで官僚作「対応マニュアル」入手

    自民党の新幹事長・茂木敏充氏の“超忖度トリセツ” 枕、タバコ、室温まで官僚作「対応マニュアル」入手

    週刊朝日

    11/2

    二階幹事長は留任、進次郎氏は復興相、三原じゅん子氏の名前も 内閣改造で派閥間のポスト争いが激化

    二階幹事長は留任、進次郎氏は復興相、三原じゅん子氏の名前も 内閣改造で派閥間のポスト争いが激化

    週刊朝日

    9/2

  • 大下英治「自民党で小泉進次郎派が膨張 “安倍下し”のキーマンになる」

    大下英治「自民党で小泉進次郎派が膨張 “安倍下し”のキーマンになる」

    週刊朝日

    4/2

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す