溝端淳平が「ザマーミロ」と思ったデビューのきっかけ (2/3) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

溝端淳平が「ザマーミロ」と思ったデビューのきっかけ

このエントリーをはてなブックマークに追加
野村美絵週刊朝日#林真理子
溝端淳平(みぞばた・じゅんぺい)/1989年、和歌山県出身。2006年、JUNONスーパーボーイ・コンテストでグランプリ受賞。07年、テレビドラマ「生徒諸君!」で俳優デビュー。08年からトーク番組「誰だって波瀾爆笑」で司会を務める。映画「祈りの幕が下りる時」は全国公開中。舞台「ムサシ」は2月11〜25日に東京・Bunkamura シアターコクーンで、3月3〜11日に埼玉・彩の国さいたま芸術劇場で上演予定。「ふたり芝居『家族熱』」は5月29日から東京・池袋の東京芸術劇場 シアターウエストで上演予定。(撮影/写真部・岸本絢、ヘア&メイク・菅野綾香(ENISHI)、スタイリング/黒田領)

溝端淳平(みぞばた・じゅんぺい)/1989年、和歌山県出身。2006年、JUNONスーパーボーイ・コンテストでグランプリ受賞。07年、テレビドラマ「生徒諸君!」で俳優デビュー。08年からトーク番組「誰だって波瀾爆笑」で司会を務める。映画「祈りの幕が下りる時」は全国公開中。舞台「ムサシ」は2月11〜25日に東京・Bunkamura シアターコクーンで、3月3〜11日に埼玉・彩の国さいたま芸術劇場で上演予定。「ふたり芝居『家族熱』」は5月29日から東京・池袋の東京芸術劇場 シアターウエストで上演予定。(撮影/写真部・岸本絢、ヘア&メイク・菅野綾香(ENISHI)、スタイリング/黒田領)

林:福澤諭吉の玄孫(やしゃご)なんですよね。

溝端:そうです。福澤さんが熱い方で、現場もいい意味での緊張感がありました。台本では松宮は加賀に敬語を使っていたんですけど、「加賀と松宮の二人だけのときは、くだけた口調で話しかけることはできませんか」と監督に提案して、やらせていただいたり。それは成功だったなと思いますね。

林:ネタバレになっちゃうからあんまり言えませんけど、松嶋菜々子さんには涙、涙で。私、あの「砂の器」を思い出しました。

溝端:僕もそう思いました。

林:そして加賀恭一郎にあんな過去があったとは知りませんでしたよ。

溝端:シリーズ通してのナゾだったので、それを最後に明かして。

林:最後なんですか?

溝端:日本橋署での話は、これで終わりですね。もしかしたら加賀恭一郎シリーズは続くかもしれませんが。

林:続いてほしいですよ。(パンフレットを指して)こんなに大きく「さらば」とか書かれちゃって、人形町の皆さん、ガッカリしてるんじゃないですか。

溝端:「さみしい」とは言ってましたね。でも、「麒麟の翼」以来6年ぶりの映画化なので、まずそれを喜んでくれました。「帰ってきてくれてありがとう」と、両手に抱えきれないぐらいのお土産をくださったり。

林:人形焼きとか?

溝端:人形焼きとか煎餅とか和菓子とか。「どこそこの大将から差し入れです」「あ、お礼言わなきゃ」「もう帰っちゃいました」みたいなことも多くて、粋なんですよね。8年ぐらいの付き合いですから、第二の故郷みたいになってます。

林:それにしてもこの映画、すごい方々が出てるんですね。山崎努さん、伊藤蘭さん、小日向文世さん、及川光博さん、烏丸せつこさん……。私たち世代にとって烏丸せつこさんといえば超セクシーな美人女優さんでしたけど。

溝端:すごい女優さんですが、セクシーなイメージはあまりなくて……。

林:そうですよね。年齢、お母さんより上かな。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい