岩合光昭が踊るように撮った? カメラマン魅了する「ジュリエット猫」 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

岩合光昭が踊るように撮った? カメラマン魅了する「ジュリエット猫」

連載「今週の猫」

このエントリーをはてなブックマークに追加
岩合光昭 (c)Iwago Photographic Office

岩合光昭 (c)Iwago Photographic Office

撮影/岩合光昭 (c)Iwago Photographic Office

撮影/岩合光昭 (c)Iwago Photographic Office

 動物写真家・岩合光昭さんが見つけた“いい猫(こ)”を紹介する「今週の猫」。今回は、ジョージア州・サバンナの「ジュリエット猫(にゃん)」です。

*  *  *
 住宅街の細い路地を歩いていると、車の下に一匹の猫を見つけた。こちらに気付くとボンネットへ飛び乗り、アンテナに自慢のひげをこすりつける。

【今週の猫の写真はこちら】

「ほら、こんなこともできるよ」と、さも言いたげなご機嫌な様子が嬉しくて、一緒に踊るようにシャッターを切っていた。

 そこに突然、忙しげな婦人が現れて、出かけなきゃと猫を家に入れると、車に乗って行ってしまった。猫は家の中、僕は外。オス同士だったけれど、まるで引き裂かれたロミオとジュリエットのような気持ちになった。

デジタル岩合 http://www.digitaliwago.com/

週刊朝日 2018年2月2日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

岩合光昭

岩合光昭(いわごう・みつあき)/1950年生まれ。動物写真家。1980年雑誌「アサヒグラフ」での連載「海からの手紙」で第5回木村伊兵衛写真賞を受賞。1982~84年アフリカ・タンザニアのセレンゲティ国立公園に滞在。このとき撮影した写真集『おきて』が全世界でベストセラーに。1986年ライオンの親子の写真が、米「ナショナルジオグラフィック」誌の表紙に。94年、スノーモンキーの写真で、日本人として唯一、2度目の表紙を飾る。2012年NHK BSプレミアムで「岩合光昭の世界ネコ歩き」のオンエア開始。著書に『日本のねこみち』『世界のねこみち』『岩合光昭写真集 猫にまた旅』『ふるさとのねこ』『ネコを撮る』『ネコへの恋文』など多数。2019年2月22日から、初監督作品となる映画「ねことじいちゃん」公開中。

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい