高麗屋三代の同時襲名 白鸚・幸四郎・染五郎「芸」に新たな決意 (2/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

高麗屋三代の同時襲名 白鸚・幸四郎・染五郎「芸」に新たな決意

このエントリーをはてなブックマークに追加
佐藤裕美週刊朝日
歌舞伎座の楽屋で、『車引』松王丸の顔をつくる幸四郎。力強い二本隈に襲名の決意が宿る。「僕の肉体を通して、先人や先輩の素晴らしい芸をいかにお客様にお見せするか。それが役者としての最終的な目標です」(撮影/写真部・岸本絢)

歌舞伎座の楽屋で、『車引』松王丸の顔をつくる幸四郎。力強い二本隈に襲名の決意が宿る。「僕の肉体を通して、先人や先輩の素晴らしい芸をいかにお客様にお見せするか。それが役者としての最終的な目標です」(撮影/写真部・岸本絢)

 さて、こんなストイックな二人を師匠に持つ染五郎(12)。『勧進帳』では、大先輩たちに囲まれての義経役を見事に務めている。

「初日のあと、(中村)吉右衛門の叔父様に、役の上では義経が一番偉いのだから、先輩だということは忘れて演じなさいと言われました。今はそれを意識して演じています。毎日緊張の連続ですが、昔の役者さんの『自分が楽しんで演じれば、お客様も楽しんでくださる』という言葉を信じて、お芝居に出られる喜びを大切に頑張りたいと思います」

 歌舞伎役者としての遺伝子はすでに芽吹きつつあるようだ。「高麗屋に生まれたからには、いつか弁慶を演じたい。最年少で弁慶を演じて記録を作ることが夢です」

 三代の覚悟が、歌舞伎の未来を切りひらいていく。(取材・文/佐藤裕美)

週刊朝日 2018年1月26日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい