川栄李奈「歌やダンスは苦手だったけど、お芝居は心から楽しい」 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

川栄李奈「歌やダンスは苦手だったけど、お芝居は心から楽しい」

このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊朝日#ドラマ

川栄李奈(かわえい・りな)/1995年、神奈川県生まれ。2010年、AKB48第11期研究生オーディションに合格。15年8月、AKB48を卒業。映画「嘘を愛する女」が1月20日に全国公開予定。ほかの公開待機作に「プリンシパル 恋する私はヒロインですか?」(3月3日公開)、「恋のしずく」(18年公開)がある。(撮影/篠塚ようこ)

川栄李奈(かわえい・りな)/1995年、神奈川県生まれ。2010年、AKB48第11期研究生オーディションに合格。15年8月、AKB48を卒業。映画「嘘を愛する女」が1月20日に全国公開予定。ほかの公開待機作に「プリンシパル 恋する私はヒロインですか?」(3月3日公開)、「恋のしずく」(18年公開)がある。(撮影/篠塚ようこ)

豊かな才能と表現力で私たちを魅了する俳優・アーティスト。2018年はこの人たちに注目していれば、間違いナシ!

*  *  *

2015年にアイドルグループ「AKB48」を卒業して以来、女優としての活躍がめざましい。連続ドラマ「僕たちがやりました」では体当たりの演技が話題になり、映画「嘘を愛する女」ではゴスロリのストーカーという、ちょっと“アブナイ”女性を見事に演じ切った。

「演技でいろんな人生を体験できるのがすごく楽しい。もともと歌やダンスには苦手意識があって、余裕を持てないことが多かったんです。でも、お芝居は心から楽しんでできています」

 何事も「楽しく!!」が川栄さんのモットー。楽しむための秘訣は?

「ひたすら気持ちです。AKB時代はうまくいかないときに落ち込んでしまうことも多かったのですが、今は引きずらず、気持ちを上げるようにしています」

 今年は初主演映画「恋のしずく」も公開予定。女優・川栄李奈から、ますます目が離せない。

週刊朝日 2018年1月19日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい