「暴露本」バカ売れでトランプ大統領支持率が上昇?

2018/01/18 07:00

 今月5日に米国で発売されたトランプ米大統領の暴露本『Fire and Fury(炎と怒り)』が、現地の書店で売り切れになるなどベストセラーになっている。本の中身はというと、政権内の主導権争い、トランプ氏の無能ぶり、特異な習慣、悪癖などを暴露したもの。当然、トランプ氏は激怒し、発売前からツイッター上などで猛批判。トランプ氏の弁護士を通じて本の出版差し止めを求めていたが、逆に、当初より前倒しで本は発売された。暴露本が注目されたのは、ネタ元とされたのが前首席戦略官のスティーブン・バノン氏とされたことだ。バノン氏は大統領選勝利の立役者で、昨年8月に政権を離れるまで、トランプ政権の政策立案に大きく関わっていた。米ボストン在住の作家・渡辺由佳里さんは、早速購入して読んだという。

あわせて読みたい

  • トランプの暴露本は「知ってることばかり」でも“深い問題”隠れている可能性も

    トランプの暴露本は「知ってることばかり」でも“深い問題”隠れている可能性も

    AERA

    1/17

    バノン更迭でトランプ政権吉か凶か 下野したほうが恐ろしい

    バノン更迭でトランプ政権吉か凶か 下野したほうが恐ろしい

    AERA

    8/29

  • トランプ大統領「周辺の100%が精神状態を懸念」 暴露本への反応は“異常”の声も

    トランプ大統領「周辺の100%が精神状態を懸念」 暴露本への反応は“異常”の声も

    AERA

    1/17

    最悪の結末は米国内戦勃発…トランプ時代に文学が刻む危機感

    最悪の結末は米国内戦勃発…トランプ時代に文学が刻む危機感

    AERA

    1/25

  • トランプ大統領、激怒!? 1年半にわたる取材をもとに書かれた全米騒然の暴露本

    トランプ大統領、激怒!? 1年半にわたる取材をもとに書かれた全米騒然の暴露本

    BOOKSTAND

    5/10

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す