AERA dot.

米倉涼子「ドクターX」の共演秘話 国民的美少女コンテスト優勝の井本彩花が明かす

このエントリーをはてなブックマークに追加
太田サトル週刊朝日

目標は女優の武井咲さんだという井本彩花さん(撮影/伊ケ崎忍)

目標は女優の武井咲さんだという井本彩花さん(撮影/伊ケ崎忍)

目標は女優の武井咲さんだという井本彩花さん(撮影/伊ケ崎忍)

目標は女優の武井咲さんだという井本彩花さん(撮影/伊ケ崎忍)

目標は女優の武井咲さんだという井本彩花さん(撮影/伊ケ崎忍)

目標は女優の武井咲さんだという井本彩花さん(撮影/伊ケ崎忍)

 3年ぶりに昨年開催された、全日本国民的美少女コンテスト。8万150人の頂点に輝いたのは井本彩花さん、京都在住の中学2年生だった。

【その他の写真はこちら】クールな表情も笑顔も可愛すぎる! 井本彩花さん

「こんな私がグランプリをとれると思わなかった。当日は歌も全然できなくて。でも、やりきった感があってすごく楽しかったです」

 尊敬する先輩の米倉涼子が主演する人気ドラマ「ドクターX」にゲスト出演し女優デビューも飾った。

「もうびっくりして。本当に自分に演じられるか、心配でした」

 演じた役どころは、難病に悩むバレリーナの少女。踊るシーンには、自分で考えた振り付けも盛り込んだという。

「特技のバレエをいかせる役でうれしかったです。お母さんに足が痛いと心配をかけないようにするところがあって、負けず嫌いなところが自分とすごく似ていると思いました。でも、やっぱり役を演じるとなると難しかったです。セリフは棒読みになってしまうし、表情だけで見せるシーンはもっと難しい。米倉さんにアドバイスをいただいて、精いっぱい演じました。とても優しかったです」

 病院のベッドのシーンでは、撮影中にあくびが出そうになったことも。

「あたたかくて、すごく眠くなりました(笑)。だんだん撮影が進むうちに緊張もしなくなって、楽しく感じられました」
 実際の放送は、ホテルの部屋で一人で見たという。

「自分がテレビに映っているのを見て、すごくヘンな気持ちでした。セリフもうまく言えてないな、まだまだだなぁって思いました。家族からは『これからだね』と言われました。今回はゲスト出演だったので、2018年は、レギュラーを目指してがんばりたいです。武井咲さんのような演技力やきれいさのある女優さんを目指したいです」

 普段は地元の学校に通い、仕事の時に上京する生活。

「生活はあまり変わった実感はないのですが、雑誌を見るときに、モデルの方のポージングやメイクも勉強するようになりました」

 取材中も何度も口にしたのが「楽しい」という一言。今はいろんな初めてに、楽しみながら挑戦している。その感想を聞くとやっぱり……

「はい、楽しいです!(笑)」

 一番楽しいのは、「食べている時と寝ている時です」と教えてくれた。

 好きな食べ物は、マグロとキュウリ。

「マグロは赤身のお刺し身が特に好きで。キュウリは、お祭りとかで売っている、串に刺さった一本漬けは、何本でも食べられる気がします」

好物のマグロとキュウリをおなかいっぱい食べて、そのまま寝られたら……

「それはもう、幸せですね(笑)」

 未来の“大女優”が、普通の女の子らしく笑った。(本誌・太田サトル)

週刊朝日 オンライン限定記事


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む


このエントリーをはてなブックマークに追加