丸山茂樹 2018年の目標は「青木さんとゴルフ界への恩返し」 (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

丸山茂樹 2018年の目標は「青木さんとゴルフ界への恩返し」

連載「マルちゃんのぎりぎりフェアウエー」

このエントリーをはてなブックマークに追加
丸山茂樹週刊朝日#丸山茂樹

丸山茂樹(まるやま・しげき)/1969年9月12日、千葉県市川市生まれ。日大で活躍、アマ37冠で92年にプロ入り。日本ツアー通算10賞。2000年から米ツアーに本格参戦し、3勝。02年に伊澤利光プロとのコンビでEMCゴルフワールドカップを制している

丸山茂樹(まるやま・しげき)/1969年9月12日、千葉県市川市生まれ。日大で活躍、アマ37冠で92年にプロ入り。日本ツアー通算10賞。2000年から米ツアーに本格参戦し、3勝。02年に伊澤利光プロとのコンビでEMCゴルフワールドカップを制している

宮里一家、ハッピーエンドですね (c)朝日新聞社

宮里一家、ハッピーエンドですね (c)朝日新聞社

 プロゴルファーの丸山茂樹氏が2017年のゴルフ界と自身を振り返りながら、2018年の抱負を語る。

【写真】ハッピーエンドで記念撮影する宮里一家

*  *  *
 僕らプロゴルファーの12月はコンペ、コンペの日々なんです。お世話になったスポンサーさんや知り合いのコンペだったり。女子の選手なんか、引っ張りだこどころの話じゃないでしょ。「師が走る」から師走ですけど、ゴルファーも走りまくりですよ。

 いやあ、2017年も終わっちゃいますね。みなさんにとってはどんな一年でしたか?

 僕はですね、左手親指付け根の慢性亜脱臼は相変わらずでしたけど、お仕事の面ではすごく充実してた気がします。10月からは、ラジオで初めてのレギュラー番組を持たせてもらいました。いろんなジャンルのゲストの方々と話をして、すごく刺激を受けています。

 ただ国内の男子ツアーを見ると、また試合が増えなかったんですよね。我々の取り組みも反省です。そんな中で宮里優作(37)が大逆転で賞金王になって、盛り上がったのはよかったと思うんですけど。でもやっぱり試合が増えて、シーズンを通じてゴルフが盛り上がっていかないとダメですもんね。だから、自分の仕事がうまくいっててもゴルフ界がダメだと、満足してる場合じゃないなと思っちゃいます。

 16年に日本ゴルフツアー機構(JGTO)が青木功会長(75)の新体制になりましたけど、まだまだ課題もあるのかなと思います。青木さんが会長の間に我々が頑張って「いいゴルフ界になったね」と言われるようになったら、青木さんに対する恩返しとゴルフ界に対する恩返し、両方できたってことになるんじゃないかと。これが2018年の僕の目標ですね。

 さっきも少し出てきた宮里優作ですが、アジアツアーの最終戦「インドネシアマスターズ」(12月14~17日、ロイヤルジャカルタGC)で4位に入りました。12月17日発表の最新世界ランキングで52位。消滅ポイントの関係で、年末時点には50位になるんだそうです。僕にもなんだかよく分かりませんが、優作はギリギリで18年4月の海外メジャー「マスターズ」(米ジョージア州オーガスタ)に初出場できる見通しになりました。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加