「何せ貴乃花、数字持ってますもんね」ナイツ・塙が“騒動”を分析 (2/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

「何せ貴乃花、数字持ってますもんね」ナイツ・塙が“騒動”を分析

このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊朝日
塙宣之(はなわ・のぶゆき)/漫才コンビ・ナイツのボケ担当。1月31日、コンテンツリーグからDVD「ナイツ独演会 味のない氷だった」発売

塙宣之(はなわ・のぶゆき)/漫才コンビ・ナイツのボケ担当。1月31日、コンテンツリーグからDVD「ナイツ独演会 味のない氷だった」発売

「私が副会長を務める漫才協会は芸人が運営してるんですよ。そうするとやっぱり書類の不備があったりね。そういうときはもう『ごめんなさい』しちゃう。問題起こるのは仕方がない。ただ、貴ノ岩は殴られて休んでるなら、番付を下げないでほしいですね。そこいら辺は協会が前例とかは関係なしに、今の常識で考えてあげてほしい」

──落としどころは?

「年越してお正月までひっぱるなら、おめでたい感じに『一富士、二鷹、三なすび』で、日馬富士、貴ノ岩、なすびを並べて出してあげたい……。けど、なすびは土俵に立てないから、おめでたくならない。こうなったらニューヨークから綾部くんを帰国させ、貴乃花親方のお母さんの憲子さんを説得し……というのは、難しいですかねぇ。

 それでも初場所は開かれるわけでしょう。土俵の上が充実して新しいスターが出れば、興味はそっちに移るんじゃないですか。以前密着取材した阿武咲はもちろん、ベテランの安美錦に期待しています。39歳幕内力士がどこまでやれるか、注目ですね!」

(構成/相撲ライター・和田靜香)

週刊朝日  2018年1月5-12日合併号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい