CHEMISTRYの手を握りしめたミスインター世界大会5位に入賞した美女の度胸

2017/11/14 22:29

CHEMISTRYのライブ中に堂珍の手を握り、手を広げる筒井さん(撮影・大塚淳史)
CHEMISTRYのライブ中に堂珍の手を握り、手を広げる筒井さん(撮影・大塚淳史)
CHEMISTRYのライブ中に堂珍の手を握りしめた筒井さん(撮影・大塚淳史)
CHEMISTRYのライブ中に堂珍の手を握りしめた筒井さん(撮影・大塚淳史)

 第57回ミス・インターナショナル世界大会が11月14日、東京で開かれ、ミス日本として出場した会社員の筒井菜月さん(24歳)が5位に入賞。また、筒井さんは、特別賞のミス・ナショナルコスチューム(民族衣装)にも選ばれた。日本勢としては5年ぶりの入賞だった。

【写真特集】水着美女がズラリ! ミスインターナショナル世界大会

 69の国と地域から選ばれたミスたちが、民族衣装、水着、ドレスを披露したり、スピーチやウォーキングを経て最終的に選ばれた。グランプリにはミスインドネシアのケビン・リリアナさん(21歳、大学生)が輝いた。

 筒井さんは久々の快挙をこう喜んだ。

「コシノジュンコ先生に今回のために審査委員をおりていただいて、ナショナルコスチュームのデザイナーを選んで頂いた。だからどうしても賞を取りたいという気持ちがありました。また、皆さまから頂いた募金でこのナショナルコスチュームができたので、皆さまに感謝を伝えることができた。日本人がなかなか入賞できない中で5位という結果を出せて嬉しい。応援団の皆様のおかげです」

 周囲のミスたちが通るたび、手を差し出し握手をしていたのが印象的だった筒井さん。

1 2

あわせて読みたい

  • 【写真特集】2019ミス・インターナショナル 日本代表フォトギャラリー

    【写真特集】2019ミス・インターナショナル 日本代表フォトギャラリー

    11/9

    チケット1枚でバレーとバスケを同時観戦 コロナ禍で実現した「Vリーグ」と「Bリーグ」競演の“舞台裏”

    チケット1枚でバレーとバスケを同時観戦 コロナ禍で実現した「Vリーグ」と「Bリーグ」競演の“舞台裏”

    dot.

    4/7

  • 「練習不足」とコーチ叱責 女子フィギュア本田五輪黄信号

    「練習不足」とコーチ叱責 女子フィギュア本田五輪黄信号

    週刊朝日

    11/8

    SFへの扉を開いてくれた筒井康隆編『SF教室』

    SFへの扉を開いてくれた筒井康隆編『SF教室』

    7/1

  • 客席に父・岡田眞澄の顔が! 美女“日本代表”岡田朋峰が告白

    客席に父・岡田眞澄の顔が! 美女“日本代表”岡田朋峰が告白

    週刊朝日

    11/9

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す