脅威ではない!? 元SMAPでAbema話題もテレビの代替にはならない理由 (2/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

脅威ではない!? 元SMAPでAbema話題もテレビの代替にはならない理由

このエントリーをはてなブックマークに追加
大塚淳史週刊朝日
72時間ホンネテレビの一場面。アベマTVから

72時間ホンネテレビの一場面。アベマTVから

「いろんな意味で挑戦的で、昔、テレビがおもしろいと言われていた時代を思い起こしました」

 アベマTVは基本的に無料。CMもあって、広告収入に頼る地上波と似たようなモデルだ。視聴率低下に悩むテレビ局にとって脅威とならないのか。

 ある大手広告会社の社員は冷静な反応だ。

「現状のアベマTVと地上波テレビのCM料金は、時間帯や規模にもよりますが2桁は違う。地上波のゴールデンタイムだと、数十億円をかける企業もある。アベマTVで今後、大手企業のCMが増えることはありえるが、やはり強いコンテンツがないと」

 広告業界に詳しいインテグレート代表の藤田康人氏は、今回の放送中、地上波の番組の視聴率が低下していないことに着目した。

「視聴者層が地上波と異なっているので、ネットテレビが代替することにはならないでしょう。広告は若者層がターゲットの製品分野が主流で、むしろ他のネット、動画広告から企業の予算が流れるのではないか」

 現状では業界の中でのパイの奪い合いのようだが、地上波で難しくなった若者層に発信できることは示せた。今後の展開が注目される。(本誌・大塚淳史)

週刊朝日  2017年11月24日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい