AERA dot.

レーシックを超えた! 近視矯正手術「スマイル」とは

このエントリーをはてなブックマークに追加
山内リカ週刊朝日#病気

近年注目される視力矯正手術とは?(※写真はイメージ)

近年注目される視力矯正手術とは?(※写真はイメージ)

スマイルの本体。感染予防のため陰圧をかけ、レーザーに最適な環境を作るために室温24度前後、湿度20%前後を維持

スマイルの本体。感染予防のため陰圧をかけ、レーザーに最適な環境を作るために室温24度前後、湿度20%前後を維持

レーザー近視矯正手術「スマイル」を行う中村医師(名古屋アイクリニック提供)

レーザー近視矯正手術「スマイル」を行う中村医師(名古屋アイクリニック提供)

 レーシックに続く第3世代のレーザー近視矯正手術として、2010年ごろに始まったリレックススマイル(以下、スマイル)。ドライアイの合併症が少ないなど、レーシックより優れていると、注目されている。

【写真】レーシックを超えた!?これが「スマイル」の本体だ!

 東京都内の病院に勤務する看護師アヤカさん(仮名・26歳)は、5年ほど前、大学生のときにスマイルによる視力矯正手術を受けた。

 術前の裸眼視力は0.1。コンタクトレンズやメガネを使えば1.2ぐらいまでにはなったが、夕方になるとドライアイが強まった。またソフトコンタクトだったため、ケアにわずらわしさも感じていた。そんな矢先、知人がレーシックを受けて快適に過ごしていたことから、視力矯正手術に興味を持つようになった。

「卒業して看護師になれば夜勤や不規則な生活が始まる。今やれば、将来的にもプラスになると思いました」(アヤカさん)

 アヤカさんがスマイルを選んだのは、眼科に勤める親族に勧められたため。治療を受ける眼科でも説明を受けて安心したという。

 治療に要した時間は半日ほど。

「麻酔のときにチクッとしましたが、それ以外は何も感じませんでした。しばらくはぼんやりした見え方でしたが、自宅に帰るころにははっきり見えるようになりました」(同)

 矯正後の視力は2.0。遠くにいる患者さんの表情がわかり、暗いところでも電子カルテやナースコールがしっかり見えるという。レンズをケアするわずらわしさからも解放された。

「夜勤でも目が疲れにくいですし、選んでよかったと思います」(同)

 スマイルもレーシックと同じく、角膜のカーブを変えることで近視を矯正する。レーザーを用いる点も同じ。違うのはやり方だ。

 レーシックは角膜の表面を円形に切ってめくり、近視の原因になっているカーブをエキシマレーザーで切除した後、めくった部分を元に戻す。スマイルは角膜を切らずにフェムトセカンドレーザーで角膜の内側を薄くカットし、それを2、3ミリの切開創から引き抜く。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

   病気 をもっと見る
このエントリーをはてなブックマークに追加