三宅裕司「芸人にとっては一番の褒め言葉」“フラがある”とは?

2017/10/16 11:30

 取材現場に現れた途端、何とも言えないユーモラスな空気が漂う。面白いことを話しているわけでもないのに、なぜか、一緒にいると自然に笑顔になる。それを三宅裕司さんに伝えると、「嬉しいですね。そういうの、落語用語で、“フラがある”っていうんです。芸人にとっては一番の褒め言葉かもしれない」と教えてくれた。

あわせて読みたい

  • コロナ後の“笑い”は? 三宅裕司、YouTube挑戦と劇場再開への想い

    コロナ後の“笑い”は? 三宅裕司、YouTube挑戦と劇場再開への想い

    週刊朝日

    6/7

    三宅裕司が「劇団SET」40周年に旗揚げした“子どもSET”が面白い

    三宅裕司が「劇団SET」40周年に旗揚げした“子どもSET”が面白い

    AERA

    7/15

  • 三宅裕司の“笑いの原点”は? 今も「東京の笑い」目指す

    三宅裕司の“笑いの原点”は? 今も「東京の笑い」目指す

    週刊朝日

    6/7

    テレビを見て俳優に? 小倉久寛、SETとの40年

    テレビを見て俳優に? 小倉久寛、SETとの40年

    週刊朝日

    9/9

  • 人気CMも実は台本なし! 伊東四朗の“喜劇役者”人生

    人気CMも実は台本なし! 伊東四朗の“喜劇役者”人生

    週刊朝日

    11/13

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す