AERA dot.

「医者が守るべきこと」とは? 才能ない子に医者を継がせない

連載「貝原益軒 養生訓」

このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊朝日

帯津良一(おびつ・りょういち)/1936年生まれ。東京大学医学部卒。帯津三敬病院名誉院長。西洋医学だけでなく、さまざまな療法でがんに立ち向かい、人間をまるごととらえるホリスティック医学を提唱。「死を生きる」(朝日新聞出版)など多数の著書がある

帯津良一(おびつ・りょういち)/1936年生まれ。東京大学医学部卒。帯津三敬病院名誉院長。西洋医学だけでなく、さまざまな療法でがんに立ち向かい、人間をまるごととらえるホリスティック医学を提唱。「死を生きる」(朝日新聞出版)など多数の著書がある

養生訓では、医者に対して厳しい口調で様々に注文をつけている(※写真はイメージ)

養生訓では、医者に対して厳しい口調で様々に注文をつけている(※写真はイメージ)

 西洋医学だけでなく、さまざまな療法でがんに立ち向かい、人間をまるごととらえるホリスティック医学を提唱する帯津良一(おびつ・りょういち)氏。帯津氏が、貝原益軒の『養生訓』を元に自身の“養生訓”を明かす。

*  *  *
【貝原益軒養生訓】(巻第六の30)
医の子孫、相つづきて其才を生れ付(つき)たらば、世世(よよ)家業をつぎたるがよかるべし。如(レ点)此なるはまれなり。(中略)もし其才なくば、医の子なりとも、医とすべからず。

 養生訓では、医者に対して厳しい口調で様々に注文をつけています。

「医は仁術なり。仁愛の心を本(もと)とし、人を救(すく)ふを以(もって)、志とすべし。わが身の利養を専に志すべからず」(巻第六の30)

 仁愛とは人を思いやる心です。それを中心にすえて、自分の利益を求めるなというのです。

 さらに「万民の生死をつかさどる術なれば、医を民の司命と云(いい)、きはめて大事の職分なり」(同)と続きます。司命とは、寿命を司(つかさど)る星の名であり、人の生命を司る神のことでもあります。医を志す人はこれほど重い職分であることを肝に銘じろということでしょう。そして、人の命に関わる仕事であるから「学問にさとき才性(さいせい)ある人をゑ(え)らんで医とすべし。医を学ぶ者、もし生れ付鈍(つきどん)にして、その才なくんば、みづからしりて、早くやめて、医となるべからず」(同)といいます。才能のない人は医者になるなというのです。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む


このエントリーをはてなブックマークに追加