AERA dot. 5th anniversary

エマ・ワトソン「好きな日本人作家は村上春樹、カズオ・イシグロよ」

このエントリーをはてなブックマークに追加
高野裕子週刊朝日

エマ・ワトソン/映画「ザ・サークル」 ソーシャル・ネットワーキング企業に就職した主人公メイ(エマ・ワトソン)は、会社内で私生活すべてを配信する新企画のモデルに抜擢されるが、それによって自分ばかりでなく親族の生活も脅かされる、という物語。進化するSNSの在り方を問いかける社会派の問題作だ。共演はトム・ハンクス、ジョン・ボイエガなど。11月10日からTOHOシネマズなど全国公開 (c)2017 IN Splitter, L.P. All Rights Reserved.

エマ・ワトソン/映画「ザ・サークル」 ソーシャル・ネットワーキング企業に就職した主人公メイ(エマ・ワトソン)は、会社内で私生活すべてを配信する新企画のモデルに抜擢されるが、それによって自分ばかりでなく親族の生活も脅かされる、という物語。進化するSNSの在り方を問いかける社会派の問題作だ。共演はトム・ハンクス、ジョン・ボイエガなど。11月10日からTOHOシネマズなど全国公開 (c)2017 IN Splitter, L.P. All Rights Reserved.

 エマ・ワトソンといえば映画「ハリー・ポッター」シリーズのヒロインを演じ、世界的な人気者に。今ではすっかり大人になり、演技の合間をぬって、米ブラウン大学を卒業、国連親善大使に選ばれ堂々演説もこなした。読書家で村上春樹の小説も読むという。

──読書家でいらっしゃいますが、日本人の作家で好きな人はいますか?

「カズオ・イシグロ(英国籍)の大ファンよ。『日の名残り』がすごく好きなの。それから村上春樹の『ノルウェイの森』も好きだわ」

──「ハリー・ポッター」完結後、あなたもダニエル・ラドクリフも様々な映画に挑戦してきました。彼の成長ぶりをどう思いますか?

「ダンは俳優として本当に大きく成長したと思うわ。冒険的かつ大胆な役に挑戦し続けていて、本当に勇敢だと思う。ダンの映画の中では、ロマンチック・コメディーの『もしも君に恋したら。』が、とても気に入っているの。ゾーイ・カザンという相手役の俳優も素晴らしいと思うわ」

──あなたは「美女と野獣」ではミュージカルにも挑戦しました。新作「ザ・サークル」では、ガラリと役が変わり、あこがれのソーシャル・ネットワーキング企業に就職した主人公・メイを演じています。特に役を選ぶうえで大切にすることはありますか。

「確かに役選びはとても難しいわ。それに加え私は性格的に何もかも分析しすぎてしまうほうなの。だから役を引き受けるかどうか決心するのは、本当にストレスがたまるの。どの役もいろんな可能性があることを想像しすぎてしまって……。ただ年齢を重ねるうちに、以前より役選びは簡単になってきたと思う。自分のやりたいことがはっきりしてきたからなの。また自分にとって何が大切かもわかってきたし。最近は視野が明確になってきたの」

──この映画はソーシャル・ネットワークの世界がテーマですが、あなたにとってこの世界はどんな意味をもっていますか。

「自分の考えやアイデアを人と共有したり、それについてコミュニケーションするための一つの手段ではないかしら。とても中毒性が高いから、私は自分の日課の一部にならないように努めている。自分と距離を置くことを心がけているの」


トップにもどる 週刊朝日記事一覧


このエントリーをはてなブックマークに追加