テレクラは“まじめ”なものだった? 意外な誕生秘話

2017/10/10 16:00

 社会風俗・民俗、放浪芸に造詣が深い、朝日新聞編集委員の小泉信一が、正統な歴史書に出てこない昭和史を大衆の視点からひもとく。今回は「テレクラ」。昭和51(1976)年に内山田洋とクール・ファイブがヒットさせた「東京砂漠」。人間関係が希薄な都会生活を憂えつつも、愛にすがって生きざるを得ない女性をうたった歌である。風俗の世界で働く女性たちの中にも、同じようにやるせない思いをする人がいる。

あわせて読みたい

  • 昭和の風俗店「のぞき部屋」 摘発逃れに「スケッチブック」

    昭和の風俗店「のぞき部屋」 摘発逃れに「スケッチブック」

    週刊朝日

    10/4

    「キャバクラ」の成り立ちは「女子大生が仕切った不夜城」

    「キャバクラ」の成り立ちは「女子大生が仕切った不夜城」

    週刊朝日

    9/2

  • 日本の秘宝館は“世界文化遺産級”の価値あり!?

    日本の秘宝館は“世界文化遺産級”の価値あり!?

    週刊朝日

    6/2

    社会現象となった「愛人バンク」 背景に「おいしい生活」

    社会現象となった「愛人バンク」 背景に「おいしい生活」

    週刊朝日

    4/2

  • 「ピンク」と「ロマン」の違いは? 日本“ポルノ映画”の歴史

    「ピンク」と「ロマン」の違いは? 日本“ポルノ映画”の歴史

    週刊朝日

    11/25

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す