枝野新党「立憲民主党」が結党 小池百合子“上から目線”の「排除の論理」は吉か凶か (2/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

枝野新党「立憲民主党」が結党 小池百合子“上から目線”の「排除の論理」は吉か凶か

このエントリーをはてなブックマークに追加
「立憲民主党」の結成について会見する民進党の枝野幸男代表代行 (c)朝日新聞社

「立憲民主党」の結成について会見する民進党の枝野幸男代表代行 (c)朝日新聞社

 小池氏側も騒動がメディアで大きくクローズアップされたことは「想定外」だったようだ。

「小池氏は不協和音を報じるメディアに『選別だの抱きつかれただのと、私がミソをつけたように報じられている』と憤慨していた」(小池氏側近)

 小池氏の「純化路線」がどんな結果につながるのか。総選挙の行方は、ますます混沌としてきた。(本誌 小泉耕平 亀井洋志 村上新太郎)

週刊朝日 2017年10月13日号より加筆


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい