「うつ病」治療の最前線 「引く治療」で回復へ?

健康

2017/09/30 07:00

 うつ病と診断され治療しても回復しない患者が増加している。その原因のひとつに、多くの種類の薬剤を処方する「多剤処方」が考えられ、厚生労働省は注意喚起している。最近その薬物療法を見直す動きに注目が集まっている。

あわせて読みたい

  • うつ病患者の薬物治療 副作用で自殺行為に至る危険性も

    うつ病患者の薬物治療 副作用で自殺行為に至る危険性も

    週刊朝日

    4/12

    「睡眠薬はずっと飲み続けるものではない」不眠症治療の専門医が患者にそう伝える理由とは?

    「睡眠薬はずっと飲み続けるものではない」不眠症治療の専門医が患者にそう伝える理由とは?

    dot.

    2/18

  • 「うつ病かも」で安易な受診は危険? 知られざる精神科医の実態

    「うつ病かも」で安易な受診は危険? 知られざる精神科医の実態

    週刊朝日

    7/19

    断薬記 私がうつ病の薬をやめた理由

    断薬記 私がうつ病の薬をやめた理由

    週刊朝日

    6/29

  • 「多剤服用」でうつや認知症の副作用も…それでも減薬が難しいワケ

    「多剤服用」でうつや認知症の副作用も…それでも減薬が難しいワケ

    週刊朝日

    1/21

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す