北原みのり「叫びたい、『違うだろー!』」 (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

北原みのり「叫びたい、『違うだろー!』」

連載「ニッポン スッポンポンNEO」

このエントリーをはてなブックマークに追加
北原みのり週刊朝日#北原みのり#安倍政権
北原みのり氏は、豊田真由子議員の記者会見をどう見た?(撮影/写真部・松永卓也)

北原みのり氏は、豊田真由子議員の記者会見をどう見た?(撮影/写真部・松永卓也)

 作家・北原みのり氏の週刊朝日連載「ニッポンスッポンポンNEO」。北原氏は自己愛と空虚にまみれた安倍晋三首相を批判する。

*  *  *
 豊田真由子議員の記者会見を見た。この人のこと、とてもよく知っている気になっていたけれど、考えてみれば「リアルに言葉を話す姿」を見るのは初めてだ。密室の罵声と比較すれば、どんな姿で出てきても良い方向へのギャップしか感じないだろうと思っていたが、結果的には「違うだろ~!」がより深く心に定着してしまった会見だった。ご本人もまだ「傷が癒えてない」のかもしれないが、流す涙や語り口からは自己愛を感じた。地元の票を集めるためにどれだけ努力したかは語るが、政治家として何をしたいのか、してきたのかは語らない。90分もしゃべり続けて見せたのは、ボキャブラリーの貧しさと選ぶ言葉の空虚さだった。

 とても自民党的、というのだろうか。自己愛と空虚といえば、安倍さんの得意技だ。国会答弁で安倍さんは、時間を埋めるためだけに意味のない言葉をしゃべり続けてきた。隠しているのでは? 嘘をついているのでは? というかそれ、憲法違反だから!という批判や疑問に一切耳を塞ぎ、自己愛ともいえる防衛と空っぽな理屈で、言葉から意味を消してきた。言葉への信用を損なわせてきた。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい