恐竜に食われる!? 人気のVR体験施設に行ってみた (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

恐竜に食われる!? 人気のVR体験施設に行ってみた

このエントリーをはてなブックマークに追加
大塚淳史週刊朝日
「恐竜サバイバル体験 絶望ジャングル」を体験中の記者

「恐竜サバイバル体験 絶望ジャングル」を体験中の記者

今年7月にオープンした「VR ZONE SHINJUKU」

今年7月にオープンした「VR ZONE SHINJUKU」

 仮想現実(VR)を体験できる施設が人気スポットになっているらしい。噂を聞き、7月にオープンした東京・新宿にあるVR体験施設「VR ZONE SHINJUKU」に行ってみた。

 その施設はJR新宿駅から徒歩10分ほどのところにある。9月23日、土曜日の昼下がり。入場料大人800円(子供500円)を払って入った。施設内にあるVR体験機は15種類あり、1回1200円(1部1000円)で楽しめ、その都度チケットを購入する仕組みだ。一方で入場券と4種類のVR機を楽しめるチケットを合わせた「1day4チケットセット」(4400円)は、既に完売していた。スタッフに聞くと「土日祝は毎回完売していますね」とのこと。

 人気ゲームは長蛇の列をなしていた。レーシングゲーム「マリオカート アーケードグランプリVR」と人気アニメのアクション「エヴァンゲリオンVR The 魂の座」は90分待ちだ。

 記者は15分待ちと比較的すぐ楽しめる「恐竜サバイバル体験 絶望ジャングル」を体験。スタンディング・スクーターに乗って、恐竜が生息する場所に墜落した飛行機の乗客を助け、救出ポイントまで連れて行く内容だ。

 スクーターを模した機器に乗り、VRを味わうヘッドマウントディスプレーを着けていざゲームスタート! 目の前にはジャングルが広がり、体を前後左右に動かすと、それに合わせてスクーターが動き、横や後ろに視点を向ければ風景も変わる。

 順調に運転していたが、突然地面が揺れた。振り向くと、巨大な恐竜の口が、こちらに目掛けてくる!思わず「マジか!」と声を出してしまった。逃げようとしたが、行き止まり……。必死に逃げ惑うが、3頭の恐竜に囲まれた。目の前に恐竜の口が迫ると、呼吸を吹きかけられた。どうやら送風機の風のようだ。仮想現実とはわかっているが、恐ろしい。時間にして3分ほど。そして、ボリボリと生々しい音とともに鋭い歯で食べられ、画面は真っ赤に染まる……。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい