新妻聖子が「ブランチリポーターをやっても歌手にはなれない」と言われた過去 (1/3) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

新妻聖子が「ブランチリポーターをやっても歌手にはなれない」と言われた過去

このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊朝日

新妻聖子(にいづま・せいこ)/1980年、愛知県生まれ。上智大学法学部卒。在学中の2002年、「王様のブランチ」でリポーターをつとめ、03年には舞台「レ・ミゼラブル」のエポニーヌ役を射止める。以降、「ミス・サイゴン」キム役など、ミュージカル界の歌姫として活躍。第31回菊田一夫演劇賞、第61回文化庁芸術祭演劇部門新人賞受賞。現在は、ANA機内オーディオ「Hot Hits Selection」ナビゲーターや、東京新聞コラム「風向計」連載中。また、歌番組やドラマ、バラエティーでも存在感を発揮。9月8日~11月15日、全国ツアーを開催。(撮影/写真部・大野洋介)

新妻聖子(にいづま・せいこ)/1980年、愛知県生まれ。上智大学法学部卒。在学中の2002年、「王様のブランチ」でリポーターをつとめ、03年には舞台「レ・ミゼラブル」のエポニーヌ役を射止める。以降、「ミス・サイゴン」キム役など、ミュージカル界の歌姫として活躍。第31回菊田一夫演劇賞、第61回文化庁芸術祭演劇部門新人賞受賞。現在は、ANA機内オーディオ「Hot Hits Selection」ナビゲーターや、東京新聞コラム「風向計」連載中。また、歌番組やドラマ、バラエティーでも存在感を発揮。9月8日~11月15日、全国ツアーを開催。(撮影/写真部・大野洋介)

「レ・ミゼラブル」「ミス・サイゴン」などミュージカルで活躍してきた新妻聖子さん。昨今はテレビ番組のカラオケバトルで、圧倒的な歌唱力を見せつけたことでも有名です。上智大卒、TOEIC945点の才媛ですが、澄ましたところがないのも魅力。作家・林真理子さんとの対談で夢だった歌手までの道のりを語りました。

*  *  *
林:「王様のブランチ」でリポーターをしていらしたんですね。

新妻:そうなんです。大学を卒業するとき、就職するのか、タレント活動して歌手をもう少し目指すのかの選択になって。「ブランチリポーターをやったって、歌手にはなれないよ」って全員に反対されたんですよ。

林:そうだったんですか。

新妻:そんなことはわかってる、と思いました。でも、就職したらもっと歌手にはなれないですよね。それは夢の放棄だし、タレントなら可能性はゼロではないと思ったんです。歌手になることを運命が許してくれるなら、何か足掛かりがあるはずだと思って、自分の運命を試すつもりもあって芸能界に飛び込んだんです。

林:でも、リポーターの若い女性って、芸能界のヒエラルキーの中ではコキ使われて……。

新妻:最下層ですかね……。ADさん並みの扱いでした(笑)。でも、私のベースは、インターナショナルスクール時代に培われた「自分は自分以外の何者でもない」という思いなんですよ。

林:おー。

新妻:あれだけいろんな人種の子がいると、教師も足並みをそろえさせようとすらしないんです。「あなたは一人のインディペンデントな人間なんだから、責任持って生きてね」って。「何が好きですか?」「やりたいことは?」と常に選択を迫られて、選んだからには責任が伴う。自分が自分である以上、そのジャンルでは私が学校の中で1番なんです。

林:なるほど。

新妻:だからオーディションに落ちればもちろん悲しいけれど、根本は傷つかないんです。私自身が否定されたわけじゃなくて、その枠に私がはまらなかっただけで、違う枠で私をものすごく求めている人が絶対にいると思っていました。リポーターのときも、チヤホヤしてもらえないけれど、それで自分の価値が下がったとは一度も思いませんでした。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい