小林麻央さんのブログ英訳、基金の構想も? (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

小林麻央さんのブログ英訳、基金の構想も?

このエントリーをはてなブックマークに追加
婚約会見をしたときの小林麻央さんと市川海老蔵さん=2010年(c)朝日新聞社

婚約会見をしたときの小林麻央さんと市川海老蔵さん=2010年(c)朝日新聞社

 6月22日、34歳の若さで亡くなった小林麻央さん。

 麻央さんが書き続けたオフィシャルブログ「KOKORO.」は、今も高いアクセス数を保ち続けている。

 6月30日からブログが再開され、更新を続けている。過去のブログの英訳版だ。8月2日の記事のタイトルは「No What Ifs」。昨年9月22日の「たられば は無し」の英訳で、がんの告知を受けたときの思いがつづられている。

 夫の市川海老蔵は、自身のブログで、「世界中の私たちと同じように乳がんで苦しんでいらっしゃる方やそのご家族の力に少しでもなれたら」と、麻央さんのブログを英訳する意義を説明した。

 海老蔵夫妻の取材を続けた芸能ジャーナリストの佐々木博之さんは言う。

「麻央さんは、英BBCが選ぶ『100人の女性』に、日本人として初めて選ばれるなど、海外からも注目された。麻央さんのブログに込めた思いを世界に発信しようという狙いがあると思います」

 英訳によって初めて内容を知った人も多いだろう。海外からの書き込みと思われる英語のコメントがいくつも寄せられている。

 一部報道では海老蔵の再婚もうわさされるが、「さすがに今すぐというのはない」と佐々木さんは言う。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい