室内に“居ただけ”で死亡も 「建物アスベスト」の恐怖

2017/07/25 07:00

 かつて多くの建物に使われたアスベスト(石綿)。吸い込めば数十年後にがんの一種である中皮腫(ちゅうひしゅ)などにかかる可能性があり、「静かな時限爆弾」と恐れられる。工場の作業員らの被害が知られているが、ひとごとではない。建物の中に“居ただけ”で被害者になる事例が相次いでいるのだ。ジャーナリスト井部正之氏がその実情を伝える。

あわせて読みたい

  • 隠されるアスベスト飛散 「静かな時限爆弾」の恐怖!

    隠されるアスベスト飛散 「静かな時限爆弾」の恐怖!

    週刊朝日

    9/23

    アスベスト死者は年1500人超 解体ラッシュで東京・大阪が危ない

    アスベスト死者は年1500人超 解体ラッシュで東京・大阪が危ない

    週刊朝日

    9/23

  • ニトリ、カインズなど中国輸入の珪藻土製品にアスベスト続々 「お手入れ」で子や孫に吸わせる危険!?

    ニトリ、カインズなど中国輸入の珪藻土製品にアスベスト続々 「お手入れ」で子や孫に吸わせる危険!?

    週刊朝日

    1/19

    築地解体で「石綿飛散」に注意せよ 過去最大級の除去工事は大丈夫か

    築地解体で「石綿飛散」に注意せよ 過去最大級の除去工事は大丈夫か

    週刊朝日

    11/21

  • 本当は怖いアスベスト規制 死者続出を止められないわけ

    本当は怖いアスベスト規制 死者続出を止められないわけ

    週刊朝日

    1/10

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す