もやし、納豆、豆腐が消える!? 激安食品のウラに生産者の悲鳴

2017/06/27 07:00

 もやし、納豆、豆腐といえば、日本人の食生活で当たり前にあるもの。だが、このままでは近い将来に食卓から消えるかもしれない。デフレの長期化でスーパーの安売り競争が激化し、そのあおりを受けて食品メーカーが採算割れの生産を続けているからだ。激安食品のウラにある現実とは。

あわせて読みたい

  • 安すぎる納豆、豆腐… 価格競争で起きる“イジメ”ビジネス

    安すぎる納豆、豆腐… 価格競争で起きる“イジメ”ビジネス

    週刊朝日

    1/27

    生産コスト上昇で「モヤシ」業者が悲鳴 ラーメン店で山盛りモヤシを残す客に「道具ではない」と嘆きも

    生産コスト上昇で「モヤシ」業者が悲鳴 ラーメン店で山盛りモヤシを残す客に「道具ではない」と嘆きも

    dot.

    5/31

  • なぜ日本の食品ロスは多いのか、理由は食品業界のある慣習

    なぜ日本の食品ロスは多いのか、理由は食品業界のある慣習

    AERA

    12/5

    「枝豆」が成長すると何になる?答えは「大豆」です

    「枝豆」が成長すると何になる?答えは「大豆」です

    tenki.jp

    6/30

  • 豆腐に感謝、豆腐(10月2日)の日。木綿豆腐と絹ごし豆腐の違い、知っていますか?

    豆腐に感謝、豆腐(10月2日)の日。木綿豆腐と絹ごし豆腐の違い、知っていますか?

    tenki.jp

    10/2

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す