AERA dot.

“親・安倍”ジャーナリスト山口敬之氏 レイプ疑惑で絶体絶命

このエントリーをはてなブックマークに追加

詩織さんと山口氏のメール

詩織さんと山口氏のメール

「レイプという行為は私を内側から殺しました」

 性被害を訴えたのはジャーナリストの詩織さん(28)。元TBSのワシントン支局長でジャーナリストの山口敬之氏(51)から、意識を失った状況で無理やり性行為をされたと主張している。山口氏は『総理』など安倍政権についての著書があり、首相とも親しいとされる。

 準強姦(ごうかん)罪にあたるなどとして被害を訴えたが、東京地検は山口氏を不起訴処分とした。詩織さんはこれを不服として、5月29日に検察審査会に審査を申し立て、記者会見をした。名字は伏せたが名前は出し、自らカメラの前に立った。

 ジャーナリストを志しNYの大学で学んだ詩織さんは、帰国後、TBSのワシントン支局長だった当時の山口氏から、支局での仕事や正式採用も可能といった誘いを受けていた。

 被害を受けたのは2015年4月3日。詩織さんはこう説明する。

「山口氏から『ビザの件で話がある』と、食事に誘われました。恵比寿の店でお酒を飲んだあと、めまいを覚え記憶をなくしました」

 翌日の午前5時ごろ。強い痛みで目が覚めた。都内のホテルのベッドの上で、山口氏が避妊具もつけず性行為をしていたという。

 山口氏は、詩織さんが泥酔したのでやむなくホテルに連れていったなどとして、「レイプ」を否定している。

 詩織さんは、捜査過程にも疑問を感じている。告訴状を受理した警視庁高輪署は逮捕状をとったのに、山口氏は逮捕されなかった。詩織さんは捜査員から「警視庁幹部の指示で逮捕を取りやめた」と言われたという。山口氏は書類送検され、東京地検は嫌疑不十分で不起訴とした。

 安倍政権と太いパイプを持つ山口氏だけに、「何らかの圧力があったのではないか」との見方もある。

 山口氏は本誌の取材に対し、法律的な問題と道義的な問題が存在していると前置きして、こう反論する。

「私はまず『法に触れることはしていない』という自らの主張を完遂する必要に迫られている。あたかも犯罪者と断定するかのような報道や主張が大量に流布されていて、道義的な観点からの見解を発表できる段階にはない」


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

   安倍政権 をもっと見る
このエントリーをはてなブックマークに追加