地下アイドル過激営業の危ない実態 “ガチ恋”でストーカーするファンも (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

地下アイドル過激営業の危ない実態 “ガチ恋”でストーカーするファンも

このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊朝日
業界全体で改善すべき課題はたくさんある(※写真はイメージ)

業界全体で改善すべき課題はたくさんある(※写真はイメージ)

「チェキしませんかー。500円です。握手券もありますよー。よろしくお願いします」

 ライブが終わると、アイドル自身がファンたちに呼びかける声が飛び交う。

【写真】アイドル1千人が集結!

 活動を続けるには物販で稼ぐしかないが、人気がこれからというグループだと、ファンよりメンバーのほうが多いこともある。メンバー間で売り上げを競争させる事務所もある。限られたファンをアイドルのほうが奪い合う構図で、“営業活動”は過熱しがちだ。

 インスタントカメラのチェキでツーショット写真を撮る際に肩を寄せてくれたり、軽くハグしてくれたりすることもある。名前をすぐに覚えてくれ、「また来てねー」と満面の笑みで手を振ってくれる。

 会いに行けるアイドル──。それが当たり前となったいま、彼女たちの売り物は、ちょっとした“恋人気分”を味わってもらうことなのかもしれない。

 好きなグループに月20万円ほどをつぎ込むという30代の男性は、アイドルとの距離感が近くなっていると指摘する。

「握手しながらゆっくり話ができる。かつてのアイドルだったら考えられなかった。運営側の人とも顔見知りになるので、優遇してもらえる。アイドルと本気で付き合いたいとは思わないが、友達感覚にはなれる。大事な友達が成長していくのを支えている気持ちなので、お金は惜しくない」

 大半のファンは問題を起こさないが、中には暴走する人も出てくる。メールやLINEなどの連絡先を交換しようとするのは序の口。本気で好きになる「ガチ恋」になって、自分から抱きついたり触ろうとしたりすることもある。

 あるアイドルは衝撃を受けた体験を明かす。

「ライブの後の握手会の時に婚姻届を持ってきた人がいた。『あとは君が判を押すだけだ』と。さすがに気持ちが引いちゃいました」

 自宅を割り出してプレゼントを送りつけるなど、ストーカー化するファンも相次ぐ。ライブ会場近くで待ち伏せをした行為などがストーカー規制法の「つきまとい行為」に当たるとして、警察から警告を受けた人もいた。逆恨みして、アイドルのブログに「生かしておけん」などと書き込んだ例もある。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい