津田大介「『紙』の人材やノウハウ取り込むウェブメディア」 (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

津田大介「『紙』の人材やノウハウ取り込むウェブメディア」

連載「ウェブの見方 紙の味方」

このエントリーをはてなブックマークに追加
津田大介氏は、出版業界の人材がWEBメディアに流れている現状を指摘する(※写真はイメージ)

津田大介氏は、出版業界の人材がWEBメディアに流れている現状を指摘する(※写真はイメージ)

 ウェブを使った新しいジャーナリズムの実践者として知られるジャーナリストでメディア・アクティビストの津田大介氏。出版業界の人材がWEBメディアに流れている現状を指摘する。

*  *  *
 4月19日、出版業界の人があっと驚く人事が発表された。糸井重里氏が代表を務め、先月3月16日にジャスダック上場を果たしたばかりの株式会社ほぼ日に、この3月末まで新潮社発行の雑誌「考える人」の編集長を務めていた河野通和氏が入社したのだ。

 新卒で現在の中央公論新社に入って以来、一貫して編集畑を歩き、「婦人公論」や「中央公論」の編集長を経験。その後、新潮社に移って「考える人」の編集長として読み応えのある特集を世に送り出してきた河野氏は、業界で知らない者はいないほど著名だ。そんな大物編集者が紙ではなくウェブメディア──「ほぼ日刊イトイ新聞」に“電撃移籍”したのだ。騒然とするのも無理はない。

「考える人」は「シンプルな暮らし、自分の頭で考える力」をコンセプトに2002年に創刊された季刊誌。ネットを使えば様々な記事がお手軽に無料で読めるこの時代に、読者を思考の海に誘う上質な記事で多くのファンを抱えていた。

 不況にあえぐ雑誌業界において一服の清涼剤とも言うべき存在だったが、2月15日に発行元の新潮社が4月4日発売号での休刊を発表。「雑誌市場が加速度的に縮小する中、季刊誌としての維持が困難になった」と同社は休刊理由を説明している。

 しかし、同誌は「維持が困難になる」ほどの赤字を抱えていたわけではない。ユニクロがスポンサードしており、昨年春に行ったリニューアルも奏功していた。

 河野氏は休刊を伝える朝日新聞の記事で「次世代にこの雑誌を引き継ぎたかっただけに残念のひと言だ」というコメントを寄せている。納得のいかない休刊だったのだろう。休刊号の発売を待たずして、新潮社を去ることとなった。

 河野氏は、自身が入社したことを伝える「ほぼ日」の記事で、長い時間軸で良い記事を作ることの重要性を説いた上で、興味深い指摘をしている。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい