ベトナム人女児死体遺棄で保護者会長逮捕 「黙っていれば落ち着いた印象なんだけど…」 (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

ベトナム人女児死体遺棄で保護者会長逮捕 「黙っていれば落ち着いた印象なんだけど…」

このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊朝日
4月14日朝に警察に似に同行を求められた渋谷容疑者 (c)朝日新聞社

4月14日朝に警察に似に同行を求められた渋谷容疑者 (c)朝日新聞社

 千葉県松戸市のベトナム人女児殺人・死体遺棄事件は、通っていた小学校の保護者会長逮捕という、予想だにしない展開を迎えた。地域の住民が子どもを守るという前提は、もろくも崩れ落ちた。

 小学校の保護者会長の逮捕という展開は世間を驚かせたが、周囲はあらかじめ犯人像を予期していた。

 千葉県我孫子市の排水路脇の草むらで、ベトナム国籍の小学3年生、レェ・ティ・ニャット・リンさん(当時9)の遺体が見つかった事件で、県警は4月14日、自称不動産賃貸業の渋谷恭正(やすまさ)容疑者(46)を死体遺棄容疑で逮捕した。捜査員に促され、警察車両に乗り込む渋谷容疑者は落ち着いた表情に見えた。しかし、前夜には明らかにいらだった様子を隠そうとしなかった。

 逮捕前日の夜、朝日新聞記者が同県松戸市にある渋谷容疑者の自宅を訪ねた。インターホンを押すと「はい」と返事があった。

──保護者会の役員としてコメントを。

「答えることはないんで。答える義務はあるのか」

──義務はないですが。

「ですよね。お答えする気はありません」

 語気を強めて話を遮ろうとするなど、かたくなに取材を拒む姿勢が不自然だったという。

 渋谷容疑者はリンさんが通っていた松戸市立六実(むつみ)第二小学校の保護者会「二小会」の会長を務め、通学路で児童の見守り活動をしていた。いつも立っている場所はリンさんの通学路にある理髪店の前だった。小学校関係者の男性がこう語る。

「リンちゃんがついていくのは同じベトナム人か、顔見知りぐらいしか考えられない。渋谷は毎日やっていた見守り活動を、リンちゃんが行方不明になった日だけやらなかった。親の集まりがあったときに、お母さんたちが(渋谷の)奥さんにそのことを伝えたら、泣き崩れたという話も広がっています。奥さんも気づいていたんだと思う」

 この男性が言う「奥さん」とは内縁関係にあると思われる女性のことだが、彼女には何か思い当たる節があったのだろうか。

 渋谷容疑者の自宅は東武野田線「六実」駅前に立つ4階建てのマンションで、リンさんの自宅から300メートルほどしか離れていない。4階の1室で、女性と小学生の子ども2人と暮らしていた。渋谷容疑者はこのマンションのオーナーで、登記簿謄本によれば2001年2月に母親から相続している。近所の住人が言う。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい