誤飲を招く「嚥下障害」 85%が食べられる可能性ありのデータも

シニア

2017/04/04 07:00

 飲み込む力が低下する嚥下障害は、誤嚥性肺炎になる可能性があり、命をおとす危険もある。しかし、 東京都足立区で中古車販売の会社を経営している畠山博光さん(66)は、日本大学歯学部の戸原玄歯科医師(当時、現在は東京医科歯科大学准教授)による訓練を重ね、2年後には食べられるようになった。

あわせて読みたい

  • “一生食べられない”はかわいそう 患者家族を救ったのは歯科医だった!

    “一生食べられない”はかわいそう 患者家族を救ったのは歯科医だった!

    週刊朝日

    4/4

    誤嚥性肺炎を防ぐ 食事中の注意点とは?

    誤嚥性肺炎を防ぐ 食事中の注意点とは?

    dot.

    9/5

  • 心身衰弱にも繋がる嚥下障害 家族も気づかない初期症状とは

    心身衰弱にも繋がる嚥下障害 家族も気づかない初期症状とは

    週刊朝日

    1/12

    高齢者に限らない「誤嚥性肺炎」の恐怖! 医師が語る注意点

    高齢者に限らない「誤嚥性肺炎」の恐怖! 医師が語る注意点

    週刊朝日

    11/28

  • モンキー・パンチさんの命を奪った急増する「誤嚥性肺炎」の恐怖 医師が指摘する“危ない習慣”

    モンキー・パンチさんの命を奪った急増する「誤嚥性肺炎」の恐怖 医師が指摘する“危ない習慣”

    週刊朝日

    4/17

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す