しりあがり寿「これ以上不安を描く必要がない」3.11後の変化とは? (2/3) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

しりあがり寿「これ以上不安を描く必要がない」3.11後の変化とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
しりあがり寿(しりあがり・ことぶき)/1958年、静岡県生まれ。81年に多摩美術大学グラフィックデザイン専攻を卒業後、キリンビールに入社し、パッケージデザインや広告宣伝等を担当。85年に単行本『エレキな春』で漫画家としてデビュー。パロディーを中心にした新しいタイプのギャグ漫画家として注目を浴びる。94年に退社し、独立。2002年から朝日新聞夕刊で4コマ漫画「地球防衛家のヒトビト」を連載。06年から神戸芸術工科大学芸術工学部教授。近年では映像、アートなど多方面に創作の幅を広げている。
西家ヒバリ(さいけ・ひばり)/1959年、神奈川県生まれ。多摩美術大学油画専攻卒業後、デザイン事務所、ブティック勤務を経て85年に結婚。91年に単行本『底抜けカフェテラス』でデビュー。幼少期の憧れだった少女漫画家とは百八十度違うギャグ漫画家になる。98年に長女を、2002年に長男を出産。代表作に『韓流時代劇にハマりまして』(小学館)など。(撮影/岡田晃奈)

しりあがり寿(しりあがり・ことぶき)/1958年、静岡県生まれ。81年に多摩美術大学グラフィックデザイン専攻を卒業後、キリンビールに入社し、パッケージデザインや広告宣伝等を担当。85年に単行本『エレキな春』で漫画家としてデビュー。パロディーを中心にした新しいタイプのギャグ漫画家として注目を浴びる。94年に退社し、独立。2002年から朝日新聞夕刊で4コマ漫画「地球防衛家のヒトビト」を連載。06年から神戸芸術工科大学芸術工学部教授。近年では映像、アートなど多方面に創作の幅を広げている。
西家ヒバリ(さいけ・ひばり)/1959年、神奈川県生まれ。多摩美術大学油画専攻卒業後、デザイン事務所、ブティック勤務を経て85年に結婚。91年に単行本『底抜けカフェテラス』でデビュー。幼少期の憧れだった少女漫画家とは百八十度違うギャグ漫画家になる。98年に長女を、2002年に長男を出産。代表作に『韓流時代劇にハマりまして』(小学館)など。(撮影/岡田晃奈)

妻:どんな漫画を描いていても、基本淡々と変わらない。すごいマジメな顔してギャグ考えてるよね。

夫:そりゃあねえ(笑)。

――91年、妻は夫のアドバイスを受けてギャグ漫画家としてデビュー。連載を持ち、忙しい日々を送るが、7年後に状況は一変する。

妻:しりさんが急に「子どもがほしい」と言いだした。

夫:いたほうがいいんじゃないかな、って。

妻:それまでは自然にできなかったらそれでもいいかと思っていたんですけどね。子どもを持つとなったら責任も大きい。「覚悟決めなきゃ!」と思いました。

――妻は98年に長女を、2002年に長男を出産。以後は仕事よりも子育てが優先になっていく。

妻:私、二つのことを一緒にできないんです。ひとつに没入しちゃうので。

夫:PTAも任せっぱなしで、すみません。

妻:昔は「もっと仕事に専念したい……」とキリキリしたこともありました。でもだんだんスキルアップしてくるものなんですね。育児をしながら描いたり。

夫:俺が家にいても散らかすだけだし。

妻:でも私が単行本の仕事をしてるとき、子どもを連れてスペインに行っちゃったことがあったよね。

夫:あれはせめて協力しようと。一人で漫画を描かせてあげようと……。

妻:家で仕事しながら「悲し~!」って(笑)。まあ、ご飯作らなくてよかったから、いいのかなあ?

夫:そうそう。

妻:なんか騙されてる気がする(笑)。

――夫は02年から朝日新聞夕刊で4コマ漫画の連載をスタート。3.11以降は原発など社会問題について、より積極的に発信しているように感じるが──。

夫:いや、昔から時事的な感じは意識していたんです。「作品に時代を映したい」というイメージはずっとあって。一本の巨樹によって東京が崩壊する『ジャカランダ』でも「このままじゃダメじゃないか」ということを描いてきたし、『ゲロゲロブースカ』は「これからの世界に子どもを残したい」という思いで描いた。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい