鳩山由紀夫元首相「わたし以上に地元では『宇宙人』だった」と妻を語る (1/3) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

鳩山由紀夫元首相「わたし以上に地元では『宇宙人』だった」と妻を語る

このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊朝日
鳩山由紀夫さん、幸さん夫妻(撮影/馬場岳人・写真部)

鳩山由紀夫さん、幸さん夫妻(撮影/馬場岳人・写真部)

 現在は東アジア共同体研究所理事長を務める鳩山由紀夫さん。ライフコーディネーターである妻・幸さんとの出会いは今から50年近く前のこと。お二人自身が結婚までのいきさつ、その後の生きざまを語る。

*  *  *
夫:出会いは1970年。わたしがアメリカに留学することになったとき、当時付き合っていた女性のお母さんが「この人を頼ったらいいわよ」と、彼女を紹介してくれたんです。

――18歳からタカラジェンヌとして活躍してきた妻は、25歳で最初の結婚をし、芸能界を引退。サンフランシスコで、当時の夫が経営する和食店を手伝っていた。

夫:第一印象は「変わった人だなあ」(笑)。わたしは典型的な理系で、非常に四角い、キッチリした人生を歩んできたんです。そこに突然、「変幻自在!」というような、センスのいい女性が現れた。強烈でした。

妻:私は、ひょろっとした背の高い人だなって。

夫:でも、ほかの人の嫁さんでしたからねえ。普通ならそのまま終わっていたでしょう。

しばらくして、サンフランシスコの空港で後ろから「鳩山くん!」って呼ばれたんです。偶然同じ飛行機だった。そういうことが何度かありましてね。

妻:その3カ月後くらいに、また偶然会ったの。

夫:バス停に立っていたら「鳩山くん!」って。外車にさっそうと乗った彼女に声をかけられた。

妻:ちょうどお昼どきだったから「ランチ、一緒にどう?」って。

夫:偶然ではない、必然だ、と思い始めました。

妻:4歳年下で、弟みたいだったし、なにかと気にかけていたんです。彼のところに送られてくるお見合い写真も私がチェックして「この人はダメ」とか。

夫:そうこうしているうちに自然にできてしまったんです(笑)。出会ってから1年後くらいでした。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい