女優は天職 斉藤由貴「私、『なんちゃって歌手』ですから」 (2/3) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

女優は天職 斉藤由貴「私、『なんちゃって歌手』ですから」

このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊朝日
斉藤由貴さん(左)と、林真理子さん(ヘア&メイク/村上知子、スタイリング/石田純子[オフィス・ドゥーエ]、衣装協力/ワンピース:ケイズ・インターワークス、ピアス:imac、撮影/写真部・東川哲也)

斉藤由貴さん(左)と、林真理子さん(ヘア&メイク/村上知子、スタイリング/石田純子[オフィス・ドゥーエ]、衣装協力/ワンピース:ケイズ・インターワークス、ピアス:imac、撮影/写真部・東川哲也)

斉藤:意識してないんですけどね。でも、自分でもコメディーの人だと思ってます。それがいちばん楽しいし。

林:女優のお仕事が大好きとおっしゃいましたが、やっぱり新しい台本が届くとワクワクしますか。

斉藤:はい。でも、あんまり読まないんです。最初に1回通して読んだら、あとは車の中に置いておく(笑)。

林:1回読んだら覚えちゃうんですか。

斉藤:まったくです。当日の朝現場に行って、「さてと」って開いて、ああ、きょうはこういうシーンなんだと思って、リハーサルしていくうちに、何となく入ってくる感じです。

林:舞台のときはどうなんですか。

斉藤:稽古場で覚えます。

林:お稽古のとき、台本持っていても平気?

斉藤:7月に舞台(「母と惑星について、および自転する女たちの記録」)をやったんですが、そのときはちょっとピリピリされました。私はひどい母親の役だったんですが、3人の娘(志田未来さん、鈴木杏さん、田畑智子さん)たちは稽古初日からセリフを覚えていて、台本を離してたんです。私はぜんぜんそんなつもりなかったから、一人だけ台本を持っていて。演出家の方は、「なんなんだコイツ」って思ったかもしれません(笑)。稽古場では、私がいちばんダメでしたね。

林:役についてはご自分の中でいろいろ考えて、組み立てたり?

斉藤:台本を一読した時点で漠然としたイメージをつくって、あとは現場で相手の役者さんとやりとりしながら感じたものを優先しています。

林:「真田丸」では内野聖陽さんや近藤正臣さんとのシーンが多かったですが、ああいう個性の強い方々とやり合うのって大変ですか。

斉藤:内野さんも近藤さんも、お芝居をすごく愛してらして、演技することが楽しくてたまらないという感じなんです。リハーサルするうちにいろんなことが変わってきて、セリフのニュアンスが揺れる。おもしろかったですね。

林:一流の俳優さんたちって、そうやってセッションしていくんですね。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

あわせて読みたい あわせて読みたい