ドローン操れぬ自衛隊の時代遅れ度 「駆けつけ警護」に死角あり 

集団的自衛権

2016/12/08 07:00

 日本ではあまり知られていないが、世界で今、起こっている戦争は、遠く離れた会議室のモニター上で行われているという。無人偵察機、無人爆撃機など「ドローン」が戦争の主役なのだ。一方、「駆けつけ警護」という新しい任務を付与された自衛隊は、ドローンも持たず、南スーダンへ出発した。自衛隊の問題点を軍事ジャーナリストの竹内修が明らかにする。

あわせて読みたい

  • 安保法制後の「日米軍事一体化」計画を暴く

    安保法制後の「日米軍事一体化」計画を暴く

    週刊朝日

    8/27

    田原総一朗「『交戦』を否定しないPKOへの参加自体が憲法違反だ」
    筆者の顔写真

    田原総一朗

    田原総一朗「『交戦』を否定しないPKOへの参加自体が憲法違反だ」

    週刊朝日

    11/28

  • 来年2月施行で防衛省「武器使用拡大」 安保法制が自衛隊員を殺す

    来年2月施行で防衛省「武器使用拡大」 安保法制が自衛隊員を殺す

    週刊朝日

    8/20

    「戦死」ではなく「公務死」? 自衛官、いまそこにある危機

    「戦死」ではなく「公務死」? 自衛官、いまそこにある危機

    週刊朝日

    11/13

  • IS戦線 自衛隊が“戦死”する日

    IS戦線 自衛隊が“戦死”する日

    週刊朝日

    11/25

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す