多忙な宮藤官九郎の、一番のリフレッシュ法とは? (2/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

多忙な宮藤官九郎の、一番のリフレッシュ法とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊朝日
宮藤官九郎/1970年生まれ。宮城県出身。脚本家・監督・俳優。96年から舞台「ウーマンリブシリーズ」で作・演出を担当。近作に映画「ぼくのおじさん」(出演)、「土竜の唄 香港狂騒曲」(脚本)など。来年2月、グループ魂のライブを開催(撮影/大嶋千尋)

宮藤官九郎/1970年生まれ。宮城県出身。脚本家・監督・俳優。96年から舞台「ウーマンリブシリーズ」で作・演出を担当。近作に映画「ぼくのおじさん」(出演)、「土竜の唄 香港狂騒曲」(脚本)など。来年2月、グループ魂のライブを開催(撮影/大嶋千尋)

「歌舞伎のお客さんは、初めての演目を観るとき、“面白くない”と判断したら、始まって5分で席を立って帰っちゃうんです。歌舞伎座のさよなら公演で、実際にお年を召したお客さんたちがゾロゾロ席を立って出ていくのを目にしたときはショックでした。(中村)勘三郎さんは、『俺がいいと思ったんだから、最高なんだよ』って言ってくださったんですけど。歌舞伎の料金には、“帰る自由”も含まれているんだな、と」

 多忙な宮藤さんにとって一番のリフレッシュ法は、“家族サービス”だ。「僕が働きっぱなしで家に帰らないと関係がギスギスしちゃうので、ときどきは家族の機嫌を取る時間がほしい(苦笑)。子供に『お父さん、頑張って』って言ってもらえると、頑張ろうって気になれるし」

週刊朝日 2016年11月18日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい