徹底検証「原子力行政の闇」官邸主導のもんじゅ廃炉の裏

2016/11/11 07:00

 原発の再稼働を続ける安倍政権は選挙で原発の争点化をそらしてきた。だが、新潟をはじめとする知事選で住民は再稼働に明確なノーを突き付け始めた。高速増殖炉もんじゅの廃炉に向け、ようやく官邸が重い腰を上げたように見えたが、裏があるという。ジャーナリストの桐島瞬氏が報告する。

あわせて読みたい

  • これまでかかった費用は1兆円超え…「もんじゅ」はなぜもっと早く撤退できなかったのか?

    これまでかかった費用は1兆円超え…「もんじゅ」はなぜもっと早く撤退できなかったのか?

    dot.

    12/1

    古賀茂明「英国、トルコ原発輸出頓挫、アストリッド凍結でも諦めない安倍政権の執念」
    筆者の顔写真

    古賀茂明

    古賀茂明「英国、トルコ原発輸出頓挫、アストリッド凍結でも諦めない安倍政権の執念」

    dot.

    12/31

  • 田原総一朗「もんじゅ廃炉でも核燃料サイクルと決別できない日本」
    筆者の顔写真

    田原総一朗

    田原総一朗「もんじゅ廃炉でも核燃料サイクルと決別できない日本」

    週刊朝日

    9/29

    田原総一朗「失敗作『もんじゅ』の後継炉開発に『ちょっと待った!』」
    筆者の顔写真

    田原総一朗

    田原総一朗「失敗作『もんじゅ』の後継炉開発に『ちょっと待った!』」

    週刊朝日

    12/7

  • 完成は20年遅れ、建設費は4倍! 原発再処理工場建設費がまた増えた

    完成は20年遅れ、建設費は4倍! 原発再処理工場建設費がまた増えた

    dot.

    9/22

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す