田原総一朗「『米国嫌い』のドゥテルテを安倍首相は説得できたのか」

ギロン堂

田原総一朗

2016/11/02 07:00

 米国との決別を宣言したフィリピンのロドリゴ・ドゥテルテ大統領。大統領就任後、初来日となったドゥテルテ氏だが、安倍首相は2つの役割があったとジャーナリストの田原総一朗氏は指摘する。

あわせて読みたい

  • ルビー・モレノもドゥテルテに夢中 「暴君」が安倍首相をのみ込む

    ルビー・モレノもドゥテルテに夢中 「暴君」が安倍首相をのみ込む

    週刊朝日

    11/2

    「暴言王」ドゥテルテ比大統領来日、試されるのは安倍外交の覚悟

    「暴言王」ドゥテルテ比大統領来日、試されるのは安倍外交の覚悟

    AERA

    10/25

  • 独裁者の「甘やかされた息子」を選んででも国民が優先したいこと フィリピン大統領選の真相

    独裁者の「甘やかされた息子」を選んででも国民が優先したいこと フィリピン大統領選の真相

    dot.

    6/15

    トランプはドゥテルテと似てる? 建前論で日本撃沈の予感

    トランプはドゥテルテと似てる? 建前論で日本撃沈の予感

    週刊朝日

    11/18

  • ジェイムス・テイラー、フィリピン政府の麻薬撲滅政策に反対しマニラ公演を中止

    ジェイムス・テイラー、フィリピン政府の麻薬撲滅政策に反対しマニラ公演を中止

    Billboard JAPAN

    12/22

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す