日本一になるのはどれだ!? 名物が詰まった「ご当地どんぶり選手権」

週刊朝日#グルメ
 北海道のイクラ、豊後の寒ブリ、越前のカニ、三河の鰻……各地の名産品をどんぶりに仕立てた垂涎の味が一堂に集まる「全国ご当地どんぶり選手権」。高級食材もたっぷりの品が、ハーフサイズとはいえ500円で楽しめるうえ、参加者の投票で日本一が決まるとあって、年々人気が高まっている。

『ツーリズムEXPOジャパン2016』会場で行われた第8回の予選会で、しのぎを削った16のどんぶりを紹介する!

【絶品どんぶりが目白押し!写真特集はこちら】

●寒ブリ漬け丼(熱めし丼) ★
大分県 豊後水道かまえ直送活き粋船団
元は漁師のまかない飯。分厚く切った寒ブリを、しょうゆダレに漬けてご飯にのせるという豪快さ。カツオ出汁をかけて食べると味わいが変化して2度おいしい。唯一、8年間連続で本選に進出している人気ぶり

●とろサーモンといくらの親子丼 ★
北海道 札幌 九兵衛
地元札幌で、そのおいしさと豪華さで有名なスペシャルどんぶり。とろっとしたサーモンとプチプチのイクラの歯ごたえの違いが絶妙。通常は1500円の品が、ハーフサイズ500円で食べられるとあって、長蛇の列ができる

●秩父わらじ豚味噌丼 ★
埼玉県 秩父駅弁研究会
「わらじ」の名前の由来は、のせられたとんかつが、わらじ並みの大きさだから。かつにも味噌漬けにも、古くから地元で愛される甘辛いタレのかかった「みそぽてと」を、少しずつ付けて食べるのがおすすめ!

●名古屋コーチン親子丼 ★
愛知県 名古屋 鳥開
鶏料理専門店「鳥開」の名物。オリジナルブレンドの国産米や九州産のかつおぶしを使った秘伝のダシなど、こだわりの材料と、職人技の「とじ方」で、ふわとろの親子丼が完成した。中央に落とした生卵のとろみで、食感も味も変わるのがたまらない

●小田原 黒天丼 ★
神奈川県 じねんじょ蕎麦 箱根 九十九
見た目の「黒さ」が目を引くが、その色は「秘伝のタレを長い年月、日々継ぎ足してきた証し」とか。色も味も濃厚なごま風味のしょうゆダレが、ご飯に合う。エビ、野菜など、小田原の名産も堪能できて大満足!

●ちょっと贅沢な「飛騨牛そぼろ丼」
岐阜県 飛騨牛 匠
岐阜県産の黒毛和種の中でも最高峰と言われる「飛騨牛」をそぼろ状にしてのせた一品。濃厚なすき焼き味と卵のとろみが調和

続きを読む

TwitterでAERA dot.をフォロー

@dot_asahi_pubさんをフォロー

FacebookでAERA dot.の記事をチェック