マルちゃん 石川遼優勝に「日本のコースの甘さ」を指摘

連載「マルちゃんのぎりぎりフェアウエー」

 オリンピックから帰国後の初仕事として、8月29日に千葉の平川CCで「第12回丸山茂樹ジュニアファンデーションゴルフ大会」を開かせてもらいました。何とか台風も避けられ、無事終えられました。

 今回も小学5年から高校3年まで男女120人が参加してくれました。ジュニア年代の子どもたちに1試合でも多く経験してもらいたいという思いから、マルジュニアを始めました。だいぶみなさんに認知してもらって、定着してきたなと思う一方で、金銭的、時間的な問題で全国のジュニアを集めるには至ってないし、現状では非常に難しい。全国区にするのが大きな目標なので、そこへ一歩ずつ進んでいきたいです。

 マルジュニアはもちろん死ぬまでやっていきますよ! 僕にできることを背伸びをせず、身の丈に合った感じで一生やっていけたらいいなと思ってます。

 話は変わりまして、石川遼(24)が「RIZAP・KBCオーガスタ」(8月25~28日、福岡・芥屋GC)でツアー14勝目を挙げました。腰を痛めて今年2月にアメリカから帰ってきて、復帰2戦目での完全優勝でした。すごいですね。さすがに恐ろしい強さを持ってると感じさせられました。

 それでも数字を見てみれば明らかなように、遼は決して満足してないと思うんです。フェアウェーキープ率は37.5%で54位だし、パーオン率は59.72%で34位でした。それでも圧勝できたのは、日本のコースの甘さでしょうね。遼のグリーン周りの技術があれば、簡単にこなせちゃうんです。もちろんパッティングは非常によかったと思います。何か一つ飛び抜けたものがあれば勝てるんですよ、日本では。それは遼自身が分かってると思うんです。だから、またアメリカで戦うには、安定させないといけない部分が山ほどありますね。

続きを読む

TwitterでAERA dot.をフォロー

@dot_asahi_pubさんをフォロー

FacebookでAERA dot.の記事をチェック