「戦争の記憶を風化させない」天皇陛下の元側近が語る陛下の胸中

皇室

2016/09/06 07:00

 戦後71年を迎えた日本は、風化する戦争の記憶とどう向き合い、歩めばよいのか。戦争体験の連載記事をまとめた『70年目の証言』を刊行するなど、その声を後世へと届けてきた、昭和館(東京・九段南)の館長を務める前宮内庁長官の羽毛田信吾氏(74)は、この問題をどう考えるのか。戦争犠牲者の慰霊を続ける両陛下の思いに触れつつ、昭和館での取り組みを語った。

あわせて読みたい

  • 田原総一朗「天皇陛下のパラオ訪問ににじむ戦火への危機感」
    筆者の顔写真

    田原総一朗

    田原総一朗「天皇陛下のパラオ訪問ににじむ戦火への危機感」

    週刊朝日

    4/20

    「両陛下の生涯を通じての仕事」戦後70年パラオ慰霊へ

    「両陛下の生涯を通じての仕事」戦後70年パラオ慰霊へ

    週刊朝日

    4/8

  • 「不安な時代の象徴」 戦争体験者に映った昭和天皇

    「不安な時代の象徴」 戦争体験者に映った昭和天皇

    週刊朝日

    5/4

    陛下自ら慰霊に言及 終戦で終わらない苦悩に寄り添う「皇室外交」

    陛下自ら慰霊に言及 終戦で終わらない苦悩に寄り添う「皇室外交」

    週刊朝日

    9/5

  • ノーベル賞・益川敏英「安倍さんと『戦争論』を議論させてほしい」

    ノーベル賞・益川敏英「安倍さんと『戦争論』を議論させてほしい」

    週刊朝日

    9/18

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す