成年後見制度の落とし穴 遺産相続狙いで制度悪用する新手の「認知症喰い」も

介護を考える

2016/09/05 07:00

 判断能力の衰えた老人を狙い、家電や金融商品を押し売り…。彼らにとって、特に認知症患者はいいカモ。そんな認知症患者を守る“最後の砦”とされているのが成年後見制度だ。判断能力が衰えた人でも、後見人をつければ、財産管理や行政手続きなどを代行してもらえる。後見人は、後見を受ける人が結んだ不利な契約を取り消すこともできる。今年4月には成年後見制度利用促進法が成立した。

あわせて読みたい

  • 増加する認知高齢者トラブル 詐欺・使い込みから身を守るのに活用すべき制度

    増加する認知高齢者トラブル 詐欺・使い込みから身を守るのに活用すべき制度

    dot.

    8/28

    認知症で資産凍結リスク 元気なうちに知っておきたい財産管理術

    認知症で資産凍結リスク 元気なうちに知っておきたい財産管理術

    AERA

    11/8

  • 75歳過ぎたら危険信号 “認知症マネー”を守る方法

    75歳過ぎたら危険信号 “認知症マネー”を守る方法

    週刊朝日

    10/1

    親が認知症になると財産は凍結 認知症700万人時代の相続対策とは

    親が認知症になると財産は凍結 認知症700万人時代の相続対策とは

    AERA

    1/18

  • 遺言書だけじゃない 身内を困らせない“死後の手続き”への準備

    遺言書だけじゃない 身内を困らせない“死後の手続き”への準備

    週刊朝日

    1/30

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す