カトリーヌあやこ ヤンキースイッチ入った佐々木希に「勘弁して」 (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

カトリーヌあやこ ヤンキースイッチ入った佐々木希に「勘弁して」

連載「てれてれテレビ」

このエントリーをはてなブックマークに追加
(c)カトリーヌあやこ

(c)カトリーヌあやこ

 漫画家&TVウォッチャーのカトリーヌあやこ氏は、「ON 異常犯罪捜査官・藤堂比奈子」(フジテレビ系 火曜22:00~)の猟奇的な殺人鬼役を演じた佐々木希について、猟奇とヤンキーは“混ぜるな危険”だという。

*  *  *
 口に飴玉を詰め込まれた少女の死体。舞い散る飴の包み紙。次々と起こる異常犯罪を追う捜査官・藤堂(波瑠)。追いつめた犯人を黒いガラス玉のような瞳で凝視し、つぶやく。「あなたの、その顔が見たかった」

 彼女は知りたいのだ、人間が人殺しになる境界線を。殺人衝動のスイッチが押されるメカニズムを。なぜなら彼女もまた「いつか必ず人を殺す」と言われた「怪物」だから。プロファイリングで捜査協力する心療内科医・中島(林遣都)も、また「怪物」だ。「加害者に被害者と同じ苦しみを与えてやりたい」。彼は凶悪犯を洗脳し、自分が犯した罪と同じ方法で自殺するように仕向けていた。藤堂と中島は、まるで「羊たちの沈黙」のクラリスとレクター博士だ。真夏の夜にふさわしい悪夢のような物語。

 しかし、ここにとんでもない殺人鬼が登場。3、4話ゲストの佐々木希である。彼女は、女性たちの皮膚を剥いでボディスーツを作ろうとする。人の皮でハンドメイドと言えば「悪魔のいけにえ」のレザーフェイス。ご存知、猟奇犯罪界の横綱クラスですよ。それを演じるのがノゾミンって!


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい