AERA dot.

ミッツ・マングローブ「かっこよくないキムタクとSMAPの落とし前」

連載「アイドルを性せ!」

このエントリーをはてなブックマークに追加

「それでもキムタクはかっこいい」(※イメージ)

「それでもキムタクはかっこいい」(※イメージ)

 ドラァグクイーンとしてデビューし、テレビなどで活躍中のミッツ・マングローブさんの本誌新連載「アイドルを性(さが)せ」。今回は、木村拓哉さんを取り上げる。
※この記事は週刊朝日2016年8月12日号(8月2日発売)に掲載されたものです

*  *  *
「なんだかんだ言ってもキムタク」。私世代のほとんどは、そんな絶対的価値観を抱きながら、20代、30代を生きてきました。

 そしてそれは多かれ少なかれ、あらゆる世代の日本人にとってもそうだったはず。顔が大きいだ、演技がワンパターンだ、歌が武田鉄矢みたいだと揶揄されようと、「それでもキムタクはかっこいい」というのが総意であり、現にそれらのすべてをキムタクは、かっこよく収めてきたわけです。イチローよりも遥かに難しいヒット数を、実に20年以上もの間、積み重ねてきた木村拓哉という男。そんな彼に非常事態が起こっています。皆さんはもうご覧になったでしょうか? タマホームの最新CMを。

 どこか異国のレストラン。フォーマルな出で立ちのキムタクが、ひとりテーブルへ通されると、ピアニストや客たち(西洋人)が「あ、キムタクだ」的なリアクションをします。そんな中、店長らしき男から「あの歌を歌って頂けませんか?」と不躾なお願いをされ、渋りながらもステージに上がり、グランドピアノにもたれるキムタク。「あの歌」とは、もちろん「ハッピーライフ・ハッピーホーム・タマホーム」です。ジャズ風かと思いきや、歌い出した途端、音楽教室のような4拍子になるという衝撃も何のその。高らかに歌い上げるキムタクに、客席の女性たちは、これ見よがしにうっとりしてみせます。そして得意のしゃくりとフェイクを余すことなく魅せつけ、大歓声を浴びるキムタク。これ、いったいどこをどこまで笑っていいのか……。歌に対する彼の自意識は、今に始まったものではないのでアレですが、とりあえずキムタクの「かっこいい」は、万能でも永遠でもないことが証明されてしまったのは間違いないようです。それにしても、なんでまたこの時期にこれを? 自虐を逆手に取った、誰かの悪意すら感じます。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

   SMAP , ミッツ・マングローブ をもっと見る
このエントリーをはてなブックマークに追加