ミッツ・マングローブ「政治家(アイドル)をこなす。小泉進次郎の模範的人気」 (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

ミッツ・マングローブ「政治家(アイドル)をこなす。小泉進次郎の模範的人気」

連載「アイドルを性せ!」

このエントリーをはてなブックマークに追加
政治の世界のアイドルは、なんてったって小泉進次郎?(※イメージ)

政治の世界のアイドルは、なんてったって小泉進次郎?(※イメージ)

 ドラァグクイーンとしてデビューし、テレビなどで活躍中のミッツ・マングローブさんの本誌新連載「アイドルを性(さが)せ」。今回は、衆院議員・小泉進次郎さんを取り上げる。

*  *  *
 参院選から早2週間。よくよく考えると、何のドラマも意外性もない、単に「数字(得票数と議席数)」を報告していくだけという、恒例の選挙特番祭りが、今回も全チャンネルで催されました。人間なんて所詮「数字」と「勝敗」にしか興味がないのかもしれません。別に誰も開票結果を逐一知る必要などないはずなのに、毎回あの「手に汗握る感」は何なのか。「だったら、もっと政治や選挙自体にも関心持てばいいのに」と揚げ足を取りたい気分になる私です。

 そうは言っても、ただ延々と「当落」を垂れ流すだけでは、2時間以上の番組は成り立ちませんから、各局とも様々な布陣やスタイルを駆使してお祭り感を演出します。例えば「候補者の事務所から声を潜めて中継する」なんてお馴染みの光景では、リポーターとして小島瑠璃子のスケジュールをどこよりも早く押さえたテレビ東京。さすが選挙特番には命を賭けてらっしゃる。バブル期のような景気の良さを、よもやテレ東の画面で観られるとは。っていうか、そこは局アナでいいと思うのですが……。

 もちろん政治の世界にもアイドルはいます。今は、なんてったって小泉進次郎でしょう。嘘だと思っていたら、本当に人気あるんですね。今回の選挙特番でも、各局ほぼ同時間帯に、それぞれ「追っかけVTR」を放送していました。進次郎さん、候補者でもないのに。押し並べて「全国で応援演説をする超人気者の進次郎氏」という扱いでしたし、スペック的(2世・政治家にしては高い顔面偏差値)にも、ポジション的(漠然とした将来性に溢れる若手)にも、その人気の質感的(インスタントカメラ持ってそうな追っかけマダム多数)にも、理想的なアイドルと呼ぶにふさわしい存在です。それが、どうしたものか個人的にはちっとも心躍りません。顔がタイプじゃないのはさておき、ずっとその理由を見出せぬまま、今までやり過ごしてきましたが、この度ようやく突き止めることができたので、ご報告させて頂きます。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい